チーム医療・専門医療職 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/20 04:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
tonokinさん
  • 情報提供何から勉強したらいいのか… 感謝の言葉tonokinさんのプロフィール
  • おはようございます。との菌です。(*^_^*)いつもありがとうございます…臨床検査技師として業務する毎日…今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…そんな患者さんに今の時期、学生さんがついています期間は1人の患者さんに3週間ほど…内容は看護師になるための研修…これから【看護師の卵】になろうとされている人たちです【1人1人違う病気で入院されている患者さんについていろいろ勉強されてるんですね】【そ

2位
鮫島友和さん
  • 情報提供小児理学療法は子どもと同じ視点で気持ちを共有しよう リハビリから正常発達を考える鮫島友和さんのプロフィール
  • 小児のリハビリテーションを実施していると、自分も子どもの視点になって治療を行うことが大切だと思います。そのためには、子どもの年齢に合わせたりどこまで理解しているのかということを考えたりなど常にリハビリ治療の中で意識しなければならないと思います。例えば、まだ出生してから数か月のお子さんのリハビリ治療を行う時にどのように治療を行うべきでしょうか?数か月のお子さんであれば、当然はっきりとした言葉を話す事

3位
鮫島友和さん
  • 情報提供小児理学療法は子どもだけが治療の対象ではありません リハビリから正常発達を考える鮫島友和さんのプロフィール
  • 小児のリハビリテーション(理学療法)と言うと、小さい子どものリハビリ治療を行うことだと考えると思います。しかしその幅は広く、以下のような区分でリハビリテーションの内容も変えていかなくてはなりません。①歩行を獲得するまでの乳幼児期(出生から1・2歳ごろまで)②小学校に入学するまでの未就学期③小学校の時期④中学校・高校の第二次成長期⑤学校卒業後の成人期以降簡単に分けるとこのような区分が出来ますが、人によ
4位 tonokinさん
  • 情報提供ゆっくりでいいからね 感謝の言葉tonokinさんのプロフィール
  • おはようございます。との菌です。(*^_^*)いつもありがとうございます…臨床検査技師として業務する毎日…今日も理学療法士の先生方と入院患者さんのリハビリに励む…【ゆっくりでいいから】ね と女性患者さんに声かけします女性患者さんは【閉塞性動脈硬化症】で入院されており 【ちょっと動かしただけでも 足が痛い】ためベッド〜車椅子に移乗するだけでも大変な状態で時間もかかります【??さん、リハビリ】って声かけようと
更新時刻:18/06/20 04:30現在