TOPICS

がん 闘病記(永眠) 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    グリーフ ワーク。

    こんにちは、堀河です。防衛反応なのか、花粉症薬が強いのか…とにかく眠い毎日です。ご飯もお風呂もどうでもよくなるほど。仕事が詰まってたり過活動だったりと最早何がなんだか分からない有様ですが、私の身体もそれなりに生きようと頑張ってるんだなぁ、と思っています。

    堀河

    まよなかとあけがたのおはなし。

    読者になる
  • 2位

    ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」第2話の感想

    前のブログで、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」に期待することを書きました。で、今回はその第2話を見て・・・ってことです。録画してあると、なかなかすぐには見ないんですよね(^^;このドラマでは、いくつもの場面で「え?そうなの?」とかモヤモヤしてしまう描写が多いと思います。実は、それががん治療の現実です。もっと言えば、がん患者・家族になった瞬間から放り込まれる別世界なのです。当事者になるまで、そんな...

    FIT393

    がんに出会ってはじめて判ったこと

    読者になる
  • 3位

    記念日反応

    あの時と同じような気候 あの時と同じような風の匂い あの時と同じような夕焼け あの時と違うのは妻がそこに居ないことだけ 妻の呼吸が止まった時  一瞬笑ったかと思うような穏やかな顔になった ナースコールで先生を呼んで待つ間に 病室の窓から見た夕日は 今から思えばとても綺麗な夕日だった そし…

    ノア

    あなたに逢えてよかった

    読者になる
  • 4位

    三回忌

    あの日から2年 もう2年前の思い出にも妻はいなくなる 日々は忙しくあっという間に過ぎていくが 妻と会えなくなってからの2年は 途方もなく長い年月に感じた あの日の夜 寒い夜だった 例えようのない不安や恐怖に襲われながら 病院から持ち帰った妻の洋服を抱きしめ 妻の枕、妻の布団で横になった …

    ノア

    あなたに逢えてよかった

    読者になる
  • 5位

    あちらの世界が見えていた?

    母が昏睡状態に入る前日、 苦しみもがき 意識は朦朧としながらも 時折ハッキリした口調で 言葉を発した。 その中に 「もう少しこっちに居たかった」 (「こっち」とは「こちらの世界」 と言う意味。) とあった。 その少し前には 朦朧状態から意識が戻った瞬間 「まだ死んでないの️」とも言った。 意識が朦朧とする中、 母には見えていたのだろうか? あちらの世界が…

    satorich

    癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療

    読者になる
  • 6位

    念には念を

    コロナウイルスの変異 人から人への感染 現時点でパンデミックの不安要素は 低いと言う読みが的を得ているのか否か それは問題ではない。 年々医学が進歩しているように ウイルス全般も進歩を続けている。 共に「生」の為に。 優れたDNAを遺すと言う「生物」としての 使命感は共通している。 ウイルス問題に関しては 人間サイドが油断するべきではない。 危機意識が薄すぎるのでは ない…

    satorich

    癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療

    読者になる
  • 7位

    FOLFOXへの道そのに。

    今年は寒かったり暖かかったり。こんにちは、堀河です。相方氏は自宅の1番あったかい南側の窓辺にいます。家族事情の諸々から現在も暮らした家にいる訳ですが、とにかく家で暮らす事に拘った彼女ですのでそれなりに快適なのではと勝手に推測。亡くなった後のしがらみも多々有

    堀河

    まよなかとあけがたのおはなし。

    読者になる
  • 8位

    動揺

    いよいよ期日が迫ってきた訳でもない しかしながら着実に近づいているのも 間違いない事実。 妻が時折上の空な気がする。 これは結果論みたいなものだから 確かなことも言えない。 それは妻の物忘れ…というよりは 事忘れと表現した方が適切だろうと思う。 会話の内容を忘れていることが多く 少しばかり気になる。 忘れる事はほぼ会話の内容に限定され ていて、それ以外では特に気にならない。…

    satorich

    癌と共に生きる 手術→放射線治療→化学治療

    読者になる
  • 9位

    * 年末の断捨離!*

    我が家は3LDKのマンションで、4人兄弟なので、1人部屋を与えることは難しいのです!リビング以外の一番広い部屋は、私と夫の寝室でした。が夫亡き後 ずっと3号ロ…

    a-chan

    愛しの四銃士・・・otto-闘病記

    読者になる
  • 10位

    第12話 泣きわめく息子

    大福餅

    素敵にいってみよう

    読者になる
  • 11位

    植松先生 桜井さん ありがとうございました

    鹿児島で過ごした最後の夜主治医の植松先生が妻に会いに来てくれました。植松先生が患者さんにお別れの挨拶に来てくれる事など異例の事でした。そして看護士長の桜井さん…

    kazu

    乳がん 美人薄明 妻に捧げる  ひまわりの約束

    読者になる
  • 12位

    久しぶりのお墓参り

    DineLAで行ったレストランはカバヨちゃんのお墓のある場所にものすごく近かったので食事の後に寄ってきました。 久しぶりに来るけども場所を覚えているかなぁ~ …

    ぴっとこ

    カバヨちゃん、夢で逢おうね♪

    読者になる
  • 13位

    FOLFOXへの道。

    最近眠くて仕方がない。こんにちは堀河です。仕事が忙しいのもあり、記念日反応もありで身体が防衛反応に入ってるのでしょうね。去年の今頃とか、仕事定時で終わらせて洗濯して買い物して荷物作って毎日車40分飛ばして。面会に通っていたのだから、余程クタクタだったはずで

    堀河

    まよなかとあけがたのおはなし。

    読者になる
  • 14位

    * 2020ねん*

    気ぜわしい年末年始を終えて、大寒も過ぎて、もうすぐ節分💦今年もよろしくお願いします。今年は、愚痴や仕事のこと、夫との思い出や、子どもたちの気持ち、自分の気持…

    a-chan

    愛しの四銃士・・・otto-闘病記

    読者になる
  • 15位

    Clearmans Steak 'n Stein ~ステーキハウス

    またまた、DineLAの季節になりました。https://www.discoverlosangeles.com/dinela 今年は、1月17日から31日まで…

    ぴっとこ

    カバヨちゃん、夢で逢おうね♪

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧