TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

肝臓・胆嚢・すい臓の病気 トップ

TOP
help

続きを見る

  • 1位

    手術前に精神科通院

    コロナの影響で先延ばしになっていた精神科の外来に行ってきた 手術を受ける前に一度行っておきたかったのだ。 精神病院での診察は以下の通りだ。 「こんにちはぁ ご無沙汰してますぅ」 「やっと来れるようになりましたか」 先生の話によると、俺のようにコロナで通院を控えている患者が多いようだ。 来月の手術入院のことを話すと、先生も去年腹腔鏡手術をしたそうだ。 そういえばアルコール外来がストップしていた期間があったので、 あ~、あの時だなと納得した。 先生もいろんな患者を診てきたのであろう、 手術に向けての対応策をアドバイスするわけでもなく、励ますわけでもなく、 「いろいろありますね、退院してまた元気になったら来てくださいね」と言われた。 俺も「じゃあ行ってきます」と残し病院を出た。 10分程度の短い時間ではあったが、なんか気持ちが落ち着いた。 明日には、次女は..

    七(なな)

    手術前に精神科通院

    読者になる
  • 2位

    アルコール外来

    昨日の次女は、案の定昼過ぎまで起きてこなかった。 旅の疲れもあるのだろう。 遅く起きて来た娘に俺の畑を見せた。 夏野菜に見切りをつけるべきか?と聞いてみた。 帰ってきた言葉は、「もう限界だね」 俺「週末チョット手伝っていくか?」 娘「ん~・・・」 どうやら帰省中の予定はビッシリのようだ。 まあこんなもんだ、過度の期待はしていなかったよ。 家に居ても、起きている時間はゲームとLINE電話ばかりしてる。 リモート大学生の日常がだいたいわかった。 秋野菜の種は既に先日購入済みだ。 大根、カブ、チンゲンサイが今期のラインナップ。 肥料はあるから、あとは苦土石灰と堆肥を買うだけだ。 今週末に耕して1週間寝かせる。 そして種を蒔いたら、さあ入院だ! 成長段階の間引きは妻に任せよう。 今日は、先週断念した精神病院通院の日だ。 先生に今の俺の心身の状態を聞い..

    七(なな)

    アルコール外来

    読者になる
  • 3位

    516 命の贈りもの番外編 清家重喜さんの人生(26)

     小学5年の時、赤いおしっこが出て小児科へ。中学3年の終わり吉田町立病院へ7カ月。退院して宇和島市立病院へ1年7カ月。計3年間近く、同級生が高校生活をしていた…

    isyokukataribe

    516 命の贈りもの番外編 清家重喜さんの人生(26)

    読者になる
  • 4位

    次女とネコ

    昨日は秋の彼岸の入り、慌てて墓地清掃に行った。 畑のことなど考えている場合ではなかった。 カブや大根よりも仏様のほうが大事だよな。 朝雨戸を開けていると、2階に駆け上がる物体を発見! 次女だった。 「逃げられた・・・」 しょうがないので俺一人で墓掃除に行った。 天気予報は午後から雨、ちょっと早めに7時から始めて10時ごろにはザーザー降り。 「午後からでしょ?話が違うよ~」 パンツの中まで濡れたので風呂の残り湯に入った。 次女は今日帰るはずだったが、もう一泊するそうだ 事務所に来て、 自宅のネコをかまってたら、シャーって言われたらしかった。 そこで、事務所に居るもう1匹のネコに近づこうとしたら、 「シャーー!!」 凄い形相で威嚇された。 まるでガンバの大冒険に出てくるノロイみたいだった。(わかるかな?) 彼女のショックは大きく、 「アイツはおばあちゃん..

    七(なな)

    次女とネコ

    読者になる
  • 5位

    最初を思い出してみる

    飲酒歴40年、断酒歴4年と7か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル61。 本日もリスボンの、初心に帰る・ノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。 あえて、飲み散らかしていた頃の精神状態を思い出してみます。 今となっては信じられないことですが、 酒を飲むことが何よりも優先されました。 生活のほぼ、全ての要素が、飲酒を正当化するために曲解されていました。 まさに依存症そのものともいうべき、精神状態、というか心身全体の条件付けでした。 僕の場合、恐らく10代の頃には、 問題飲酒とは違った次元での、依存状態が形成されていたように思います。 ただ二日酔いのような即時性の高い負の効果は、 一般の機会…

    リスボン

    最初を思い出してみる

    読者になる
  • 6位

    息子の頭

    予期せぬ劇症肝炎、そして生体肝移植からの壮絶脱出劇!

    かんぞう

    息子の頭

    読者になる
  • 7位

    今日の二つの発見

    飲酒歴40年、断酒歴4年と7か月、不良初期高齢者、リスボン、レベル61。 本日もリスボンの、鼻持ちならないノープランブログ、ご訪問ありがとうございます。 今日はライブ集中期間の3回目のライブ、 7月に初めて共演した、某大学の教職課程にお勤めのギタリスト先生とのデュオ、 2回目でした。 ライブ会場に行く前に、僕のゆうちょ銀行の口座の無事を確認するために、 大津京のイオンに寄り、 少しだけフードコートでのんびりしました。 フードコート、少しずつですが、賑やかさを取り戻しつつあるようです。 フードコートで軽食やおしゃべりを楽しむ人びとを眺めながら、 アイポッドでドヴォルザークの交響曲9番、 「新世界…

    リスボン

    今日の二つの発見

    読者になる
  • 8位

    今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。金魚とごっこも

    今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。スタッフ撮影です。今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。金魚とごっこも

    kawanishi

    今週のお花一眼レフバージョンブログアップ版です。金魚とごっこも

    読者になる
  • 9位

    貧乏飯なのに豪華!?南部鉄器のフライパンで焼いた目玉焼きに魯山人醤油

    買っちゃいました、南部鉄器のフライパン!我が家の鉄鍋第2号です。はじめに買ったのはグリルパンという波型の凹凸があるフライパンでした。これで何でも美味しく焼けちゃいます。買ってからずっと戸棚にしまいっぱなしの道具もありますが・・・グリルパンは今だ現役!ただこのグリルパンは、炒め物には使えないんです。野菜炒めとか出来ない事はないんですが、凹凸があるので厳しいものがあります。網焼きみたいなイメージですね。鉄板焼きみたいな事は出来ないので、ずっと鉄のフライパンが欲しかったんです!楽天市場のセールに乗っかって、ついにお迎えいたしました。

    さけみち

    貧乏飯なのに豪華!?南部鉄器のフライパンで焼いた目玉焼きに魯山人醤油

    読者になる
  • 10位

    手術前最後の夜

    予期せぬ劇症肝炎、そして生体肝移植からの壮絶脱出劇!

    かんぞう

    手術前最後の夜

    読者になる

続きを見る

  • ひなたとそらの日常

    ひなたとそらの日常

    日々のひなたとそらの様子、自分が感じた日常の出来事などを綴っています。 うつ病で療養中なので、なかなかしんどいときには更新出来ないかもしれませんが、少しずつブログ初心者なりに勉強していこうと思っているので、宜しくお願いします。

    テーマ投稿数 11件

    参加メンバー 2人

  • リウマチ・膠原病仲間集まって♪

    リウマチ・膠原病仲間集まって♪

    RA歴20年のayuです 体は不自由になりましたが心は健康そのもの リウマチで膠原病で悩んでる方 心配を抱えてる方一緒にお話ししませんか 体は不自由でもお料理・手作り大好きayuと一緒に愚痴・嬉しいこと情報交換しませんか

    テーマ投稿数 174件

    参加メンバー 17人

  • メタボ解消 ウォーキング

    メタボ解消 ウォーキング

    メタボ解消 ウォーキング ダイエット

    テーマ投稿数 361件

    参加メンバー 59人

  • ざわめき

    ざわめき

    何か、心がざわめいている ふと、胸苦しくなること、たまらなくなること ざわざわと、ひそめくように満ちているもの

    テーマ投稿数 71件

    参加メンバー 14人

  • 声にならない声

    声にならない声

    伝わらない、伝えても届かない、 苦しみ、悲しみ、悩み、傷ついた心。

    テーマ投稿数 79件

    参加メンバー 22人

  • 医者・卵医者の呆れた素顔

    医者・卵医者の呆れた素顔

    「驚いたこと」「電気が奔ったような医者の言葉」「医者や医者の卵から意味の通らない事を聞いた」 そんな時にはココで愚痴をTBすれば少しは気が治まるかも。しかし誰も読んでくれない可能性大。(w

    テーマ投稿数 13件

    参加メンバー 8人

  • 禁煙?〜喫煙?〜分煙!多事争論?

    禁煙?〜喫煙?〜分煙!多事争論?

    禁煙(きんえん)とは、公共の場所や職場などでの喫煙(きつえん)を禁止する、若しくは喫煙者が喫煙、喫煙習慣を止めることである。しかし喫煙者全てが不健康と言うわけではない〜分煙は必要だが〜両者が多事争論し仲直りしましょう! タバコが好きな人も嫌いな人も快適に。

    テーマ投稿数 668件

    参加メンバー 94人

  • 糖尿病:高血糖と上手に付き合おう!

    糖尿病:高血糖と上手に付き合おう!

    糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気である。一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病の名が付けられた(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)。腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 全世界の患者数は2006年現在で1億8000万を越えると見積もられ、2030年までに倍増すると予想されている。 日本国内の患者数は、この40年間で約3万人から700万人程度にまで膨れ上がってきており、境界型(糖尿病予備軍)を含めると2000万人に及ぶとも言われる。厚生労働省発表によると、2006年11月時点の調査データから、日本国内で糖尿病の疑いが強い人は推計820万人であった。

    テーマ投稿数 1,986件

    参加メンバー 166人

  • 生活習慣病

    生活習慣病

    糖尿病(とうにょうびょう、Diabetes Mellitus: DM)は、糖代謝の異常によって起こるとされ、血糖値(血液中のブドウ糖濃度)が病的に高まることによって、様々な特徴的な合併症をきたす危険性のある病気である。一定以上の高血糖では尿中にもブドウ糖が漏出し尿が甘くなる(尿糖)ため糖尿病の名が付けられた(Diabetes=尿、Mellitus=甘い)。腎臓での再吸収障害のため尿糖の出る腎性糖尿は別の疾患である。 全世界の患者数は2006年現在で1億8000万を越えると見積もられ、2030年までに倍増すると予想されている。 日本国内の患者数は、この40年間で約3万人から700万人程度にまで膨れ上がってきており、境界型(糖尿病予備軍)を含めると2000万人に及ぶとも言われる。厚生労働省発表によると、2006年11月時点の調査データから、日本国内で糖尿病の疑いが強い人は推計820万人であった。

    テーマ投稿数 1,801件

    参加メンバー 156人

  • 鬱(うつ)な日常

    鬱(うつ)な日常

    憂鬱だったり、不安だったり。 心が曇り空の日が多いかもしれないけれど、 晴れの日が増えるといいな。

    テーマ投稿数 5件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • 次女とネコ

    昨日は秋の彼岸の入り、慌てて墓地清掃に行った。 畑のことなど考えている場合ではなかった。 カブや大根よりも仏様のほうが大事だよな。 朝雨戸を開けていると、2階に駆け上がる物体を発見! 次女だった。 「逃げられた・・・」 しょうがないので俺一人で墓掃除に行った。 天気予報は午後から雨、ちょっと早めに7時から始めて10時ごろにはザーザー降り。 「午後からでしょ?話が違うよ~」 パンツの中まで濡れたので風呂の残り湯に入った。 次女は今日帰るはずだったが、もう一泊するそうだ 事務所に来て、 自宅のネコをかまってたら、シャーって言われたらしかった。 そこで、事務所に居るもう1匹のネコに近づこうとしたら、 「シャーー!!」 凄い形相で威嚇された。 まるでガンバの大冒険に出てくるノロイみたいだった。(わかるかな?) 彼女のショックは大きく、 「アイツはおばあちゃん..

    七(なな) アルコール依存症(否認からの脱却)
    読者になる
  • 517 命の贈りもの番外編 清家重喜さんの人生(27)

     私の一日の流れを紹介したいと思います。参考にはならないかもしれませんが、こういう移植者もいるのだと思って下さい。 朝7時30分、起床。食パンまたは菓子パンを…

    isyokukataribe ダブル移植の語り部
    読者になる
  • 息子の頭

    予期せぬ劇症肝炎、そして生体肝移植からの壮絶脱出劇!

    かんぞう がんばれ!肝臓くん。。
    読者になる
  • 手術前に精神科通院

    コロナの影響で先延ばしになっていた精神科の外来に行ってきた 手術を受ける前に一度行っておきたかったのだ。 精神病院での診察は以下の通りだ。 「こんにちはぁ ご無沙汰してますぅ」 「やっと来れるようになりましたか」 先生の話によると、俺のようにコロナで通院を控えている患者が多いようだ。 来月の手術入院のことを話すと、先生も去年腹腔鏡手術をしたそうだ。 そういえばアルコール外来がストップしていた期間があったので、 あ~、あの時だなと納得した。 先生もいろんな患者を診てきたのであろう、 手術に向けての対応策をアドバイスするわけでもなく、励ますわけでもなく、 「いろいろありますね、退院してまた元気になったら来てくださいね」と言われた。 俺も「じゃあ行ってきます」と残し病院を出た。 10分程度の短い時間ではあったが、なんか気持ちが落ち着いた。 明日には、次女は..

    七(なな) アルコール依存症(否認からの脱却)
    読者になる
  • 516 命の贈りもの番外編 清家重喜さんの人生(26)

     小学5年の時、赤いおしっこが出て小児科へ。中学3年の終わり吉田町立病院へ7カ月。退院して宇和島市立病院へ1年7カ月。計3年間近く、同級生が高校生活をしていた…

    isyokukataribe ダブル移植の語り部
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)