TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

薬疹・薬の副作用 トップ

TOP help
  • 1位
    しびれる暮らし

    しびれる暮らし

    50代、手足のしびれ、麻痺をカバーして楽しく暮らす 便利グッズや工夫について書いてます。 (抗がん剤治療中ですが病気についてはあまりふれません)

    読者になる
  • 2位
    あしたのバスケット

    あしたのバスケット

    ウチの末っ子がてんかん闘病中!発作のこと、薬のこと、そして100人に一人の割合という身近な病気てんかんの話です。

    読者になる
  • 3位
    遊花人の腎臓癌闘病日記

    遊花人の腎臓癌闘病日記

    48歳になりたてからの、右腎臓癌ステージ4肺転移有 闘病記事と花散歩の記事を交えて投稿していきます。

    読者になる
  • 4位
    若年性ミオクロニーの息子の話

    若年性ミオクロニーの息子の話

    高校入学1ヶ月で、若年性ミオクロニーと診断された、息子の日常と、母親としての気持ちを綴っていきたいと

    読者になる
  • 5位
    空君の人生

    空君の人生

    息子(空君)の闘病記。+薬害・精神医療・減薬断薬体験談。

    読者になる
  • 6位
    顎舌の複合型ジストニアと闘う主婦のブログ

    顎舌の複合型ジストニアと闘う主婦のブログ

    ジストニアになって闘病11年目です。 いまだに治療薬と治療法もありません。 新薬ができることを待ち望んでいます。

    読者になる
  • 7位
    薬剤師のすゝめ

    薬剤師のすゝめ

    「薬剤師のすゝめ」は主に薬剤師に向けて薦める著書のレビューや医療用薬品、漢方薬、市販薬、サプリメントの解説をしていきます。

    読者になる

続きを見る

  • 1位

    診察と脳波検査

    昨日は診察の日でした。そして、半年ぶりの脳波検査。今のクリニックに転院して初めての検査です。先月の診察時、時々受け付けに座っている方が「脳波の先生」と知りかなり驚いていたウチの娘(実は私も)。帰りがけに「来月脳波検査宜しくお願いします」とその方に声をかけ

    みかん

    あしたのバスケット

    読者になる
  • 2位

    薬と精神症状と発作の話

    今日から3月に入りました。本当にあっという間です。ついこの間お正月だったのに...と、毎回同じことを言う私です。先週末、やっとやっと雛人形を飾りました(遅っ)。雛祭りっていつまで続けるのでしょうか。これもまたやめ時がわかりません。二十歳まで?娘はどうでもいい

    みかん

    あしたのバスケット

    読者になる
  • 3位

    オプジーボ10回目から今まで

    少し更新が開きましたが、10回目の投与も難なく終わり順調、とはいかない心臓発作を堪えつつも、平日は秩父へ行って福寿草〝秩父紅〟を撮影しに行って来たり。昨日は、近所に咲き始めた河津桜を見て来たりと歩き回っています。マスクを1日8時間以上してると、必ず期外収縮が始まりますが、出先の場合は外すことが出来ず気力だけで帰宅する事も屡々。3月3日は、お雛様通院、お雛様オプジーボです。大きな検査があるわけではないので、11回目の投与は無条件でGOとなるでしょう。遊花人、知ってる方もいらっしゃるとは思いますが、Amebaブログやlivedoorブログにてオフィシャルブログも書いております。Gooブログ側は読者も少ないし、誰も見てないと思いますので、これにて終了してしまおうかなと思っています。どーでしょうね(^-^)オプジーボ10回目から今まで

    遊花人

    遊花人の腎臓癌闘病日記

    読者になる
  • 4位

    心房細動における左心耳閉鎖術と直接経口抗凝固療法、どちらが優れていますか?

    目次 ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と直接経口抗凝固薬(DOACs)、どちらが良いのか?試験結果は?根拠となった論文の抄録引用文献関連記事 ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と […] LAAOは心房細動患者の脳卒中予防において、ワルファリンに劣らないことが示されています。しかし、現在では心房細動の血栓予防薬としてワルファリンよりもDOACsによる抗凝固療法が好まれています。本研究では、ハイリスク心房細動患者におけるLAAOとDOACsの臨床アウトカムを検討することを目的としました。

    猫になりたい薬剤師ver3.0

    猫薬プロジェクト3rd〜論文情報の活用〜

    読者になる
  • 5位

    おいしく食べよう

    栄養バランスの取れた体にいいものをおいしく食べたい。でも料理は楽にすませたい。 もともと料理は手抜き派ですが、手に負担のかからない料理、だんだん慣れてきました…

    きろた

    しびれる暮らし

    読者になる
  • 6位

    手袋・指サック選手権

    手袋、指サックを使いはじめて3か月。 こんな情報がほしいはそういないかもしれませんが、せっかくなので(?)使用感、長所短所などをまとめてみます。 使用頻度の多…

    きろた

    しびれる暮らし

    読者になる
  • 7位

    ジェネリック医薬品とバイオシミラーの違いは?

    目次 そもそもバイオ医薬品とは?バイオシミラーとは?ジェネリック医薬品との違いは?関連記事 そもそもバイオ医薬品とは? バイオ医薬品とは、遺伝子組換え技術や細胞培養などといったバイオテクノロジーを応用して製造された医薬品 […]ジェネリック医薬品の有効成分は分子量が小さく構造が単純なため、先発医薬品と有効成分が同一であることを示すことは容易です。本邦では、先発医薬品との生物学的同等性が証明されれば、先発医薬品の安全性、有効性に基づき承認されます。バイオシミラーの有効成分は分子量が大きく、かつ構造が複雑であるため、同一性を示すことは困難です。

    猫になりたい薬剤師ver3.0

    猫薬プロジェクト3rd〜論文情報の活用〜

    読者になる
  • 8位

    【リライト】心不全におけるアンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬とエナラプリル、どちらが優れていますか?(PARADIGM-HF)

    目次 アンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬(ARNI)とは?心不全(HFrEF)患者に対するサクビトリル-バルサルタンの効果は?根拠となった論文の抄録【結論】引用文献関連記事 アンジオテンシン-ネプリライシン阻害薬(A […] 駆出率が低下した心不全(HFrEF)患者におけるアンジオテンシン受容体ネプリライシン阻害剤LCZ696(サキュビトリルバル・バルサルタン, エンレスト®️)とエナラプリル(レニベース®️)を比較した。 以前の研究では、エナラプリルはHFrEF患者の生存率を改善した。

    猫になりたい薬剤師ver3.0

    猫薬プロジェクト3rd〜論文情報の活用〜

    読者になる

続きを見る

  • 低酸素脳症は突然に

    低酸素脳症は突然に

    若くして事故等で脳損傷をうけた家族を 支えていらっしゃるかたへ 誰にでも起こりうる事ですが、それは突然です 日々の悩み等伝えてください

    テーマ投稿数 23件

    参加メンバー 2人

  • 日本の福祉を変えたい人が集まるトラコミュ

    日本の福祉を変えたい人が集まるトラコミュ

    福祉業界で経営をなさっている方、現場でご利用者様に上質なサービスを提供しようと頑張っている方、今の福祉システムそのもの疑問を持ち「どげんかせんといかん!」と思っている方、語り合い、共通認識を持って福祉を変えていきましょう!この愛すべきしょうもない日本の福祉を変えるには現場や地域からのボトムアップです!!!

    テーマ投稿数 319件

    参加メンバー 25人

  • ピンクリボン運動(乳がんと共に生きる)

    ピンクリボン運動(乳がんと共に生きる)

     私が長い間こころのなかで思いつづけ、わたくしの仲のいい友達が集まって始めることができました, この運動は、わたくし自身が、乳がんの患者さんを知る医師であるとともに、たったひとりの姉を乳がんで亡くした患者の家族であったからです。乳がんになられた患者さんにふだんの生活のなかで接する方は、あまりおられないかもしれません。ですから、乳がんを取り巻く状況がどんなものであるかは、あまりピンとこないかもしれません。しかし今、乳がんが増え続けていて、女性の癌の中で一番多い現実からすれば、案外他人事ではないかもしれません。癌の告知を受けたその日から、乳がんの患者さんは、想像を越える絶望感や悲壮感にさいなまれ常に悩み、常に死に対する恐怖心と闘わなくてはなりません。  患者さんの家族にとっても、辛く重くるしい日々が続きます。しかし、医療の現場では、体は治しても心のケアーができる体制は、残念ながら未熟と言わざるを得ません。患者さんは、いまでもひとりぼっちなのです。私の姉は、46才の時に乳がんを発病し、49 才の時にこの世を去りました。短い人生でした。姉は、聡明でやさしく、頼りがいのある人でしたが、後には夫と二人の息子が残されてしまい ました。他の乳がん患者さんの家族の方と同様に、姉を亡くした後は、私を含めて家族のみんなのこころには、悲しさと空白感と寂しさが残りました。家族もまた深く傷ついたのです・・・私は思いました。 もし、姉や患者さんの乳がんがもっと早く検診で見つかっていたら! もし、患者さんが、体も心も安心して、ゆだねられる医療の場があったら! もし、乳がんで親を亡くした子供達が、元気になれたら! 私と 私の仲間は、この“もし”を“ほんとう”に変えるため、この日本で、ピンクリボン運動を始めました。私たちは“微力”ですが、頑張ります。みなさまのご理解とエールをください。きっと“おおきな力”になります。この“大きな力”が、必ず私たちの次の世代を救うと思っています。For the future generation!   よろしくご支援のほど、お願い申し上げます。NPO法人J.POSH(日本乳がんピンクリボン運動) 理事長 乳腺専門医  田中完児

    テーマ投稿数 404件

    参加メンバー 38人

  • 双極性障害 躁うつ うつ病 メンタル

    双極性障害 躁うつ うつ病 メンタル

    メンタル(メンヘラ)特に双極性障害(躁うつ病/躁鬱病)、うつ病の方のためのトラコミュです。

    テーマ投稿数 303件

    参加メンバー 37人

  • 骨折

    骨折

    体験談や苦労話など、骨折にまつわる生の声を、いろいろお聞かせください。

    テーマ投稿数 32件

    参加メンバー 17人

  • 障害があっても育児中

    障害があっても育児中

    障害児育児のトラコミュはあるのに、 親(パパ・ママ)自身が障害者のトラコミュがなかったので。 視覚・聴覚・四肢・精神…色々あると思いますが、 子育ての悩みや、工夫していることなどなんでもOKです。もちろん愚痴でも。 吐き出してスッキリしましょう。 知恵を出し合えば、少しは楽になるはず。 心身障がい者以外でも、 子育てに関してのお役立ち情報なら、教えてください。

    テーマ投稿数 31件

    参加メンバー 7人

  • 歯・顎・口のトラブル

    歯・顎・口のトラブル

    歯科に通ってる人集まれ〜。 虫歯・矯正歯科・入れ歯・インプラント・口内炎・顎関節症…さまざまな理由で歯医者に通うと思います。 通院している患者さんも、 治療している歯医者さんも、情報交換しましょう! 歯科医師・歯科衛生士・歯科助手・歯科技工士の方もどうぞ。 お子さんの歯磨き方法などの両親視点の子育てアドバイスも共有できたらいいな♪

    テーマ投稿数 284件

    参加メンバー 87人

  • 健康管理

    健康管理

    健康に関することなら何でもOK♪です。

    テーマ投稿数 508件

    参加メンバー 45人

  • アレルギー対応食品

    アレルギー対応食品

    食物アレルギー対応食品も増え、取り扱っているお店も多くなり、アレルギーっ子には嬉しい事ですネ。 でも実際に食べてみて、コレはおいしい〜♪♪と思ったり、うん…?!とイマイチだったり(・ω・ノ)ノ みなさんの試されたアレルギー対応食品や除去食でも食べられるよ〜という食品の情報を寄せて頂き、購入する際に参考にできるトラコミュになると良いな、と思います♪ 皆様からのトラックバック、よろしくお願いします(*^-^*)

    テーマ投稿数 48件

    参加メンバー 9人

  • 私が出会ったダメ医者

    私が出会ったダメ医者

    医者ってのは、とかくダメな奴も多いです。・・・患者の立場に立てないとか、治療藪・ヒモ医者自体とか。 そういう色々なダメ医者についての記事です

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 5人

続きを見る

  • ジェネリック医薬品とバイオシミラーの違いは?

    目次 そもそもバイオ医薬品とは?バイオシミラーとは?ジェネリック医薬品との違いは?関連記事 そもそもバイオ医薬品とは? バイオ医薬品とは、遺伝子組換え技術や細胞培養などといったバイオテクノロジーを応用して製造された医薬品 […]ジェネリック医薬品の有効成分は分子量が小さく構造が単純なため、先発医薬品と有効成分が同一であることを示すことは容易です。本邦では、先発医薬品との生物学的同等性が証明されれば、先発医薬品の安全性、有効性に基づき承認されます。バイオシミラーの有効成分は分子量が大きく、かつ構造が複雑であるため、同一性を示すことは困難です。

    猫になりたい薬剤師ver3.0 猫薬プロジェクト3rd〜論文情報の活用〜
    読者になる
  • 診察と脳波検査

    昨日は診察の日でした。そして、半年ぶりの脳波検査。今のクリニックに転院して初めての検査です。先月の診察時、時々受け付けに座っている方が「脳波の先生」と知りかなり驚いていたウチの娘(実は私も)。帰りがけに「来月脳波検査宜しくお願いします」とその方に声をかけ

    みかん あしたのバスケット
    読者になる
  • ピルの副作用で血栓症になった話 その15(一般病棟へ引っ越し)

    入院から一週間、住み慣れた?ICUを出る日がやってきました。この日の朝にやっとICU内のトイレへ歩いて行く許可を得られました。看護師さんと点滴の台に支えられて…

    nokko_panda LIFE IS JOURNEY!! 〜人生楽しく、人生美味しく〜
    読者になる
  • 手袋・指サック選手権

    手袋、指サックを使いはじめて3か月。 こんな情報がほしいはそういないかもしれませんが、せっかくなので(?)使用感、長所短所などをまとめてみます。 使用頻度の多…

    きろた しびれる暮らし
    読者になる
  • 心房細動における左心耳閉鎖術と直接経口抗凝固療法、どちらが優れていますか?

    目次 ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と直接経口抗凝固薬(DOACs)、どちらが良いのか?試験結果は?根拠となった論文の抄録引用文献関連記事 ハイリスク心房細動患者における左心耳閉鎖術(LAAO)と […] LAAOは心房細動患者の脳卒中予防において、ワルファリンに劣らないことが示されています。しかし、現在では心房細動の血栓予防薬としてワルファリンよりもDOACsによる抗凝固療法が好まれています。本研究では、ハイリスク心房細動患者におけるLAAOとDOACsの臨床アウトカムを検討することを目的としました。

    猫になりたい薬剤師ver3.0 猫薬プロジェクト3rd〜論文情報の活用〜
    読者になる

続きを見る

  • しびれる暮らし

    50代、手足のしびれ、麻痺をカバーして楽しく暮らす 便利グッズや工夫について書いてます。 (抗がん剤治療中ですが病気についてはあまりふれません)

    読者になる
  • LIFE IS JOURNEY!! 〜人生楽しく、人生美味しく〜

    人生は旅。旅は人生。そして食べることは生きること。旅と食べることが好きな小太りアラフォー女のブログです。ピルからの血栓症、パニック障害体験談も綴ります。

    読者になる
  • 日常生活

    日常の生活や持病により副作用、リハビリ

    読者になる
  • 顎舌の複合型ジストニアと闘う主婦のブログ

    ジストニアになって闘病11年目です。 いまだに治療薬と治療法もありません。 新薬ができることを待ち望んでいます。

    読者になる
  • 薬剤師のすゝめ

    「薬剤師のすゝめ」は主に薬剤師に向けて薦める著書のレビューや医療用薬品、漢方薬、市販薬、サプリメントの解説をしていきます。

    読者になる

続きを見る

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)