TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

訪問看護 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    【まだ管理者になりたいと思ってるの?】訪問看護の管理者 理想と現実について現役訪問看護師が解説します。

    じょんです。 今回は、訪問看護ステーションの管理者に 焦点をあててみようと思います。 管理者ってどんな事求められてるの? どんな管理者が理想とされているの? どうなったら管理者としてふさわしいの? って事について整理して
深掘りしてみようと思います。 動画はこちら↑↑↑ 私自身、訪問看護の管理者を3年 やりました。現在は経営者という立場から また別の違った角度で管理者の仕事を 見ることが出来ています。 そして、臨床に入っていない先生や 講師ともまた別で現役で臨床に入りつつ 自分自身も体験してきたことを踏まえて 話せるのでよりリアルな話が出来ます。 この記事を見てもらえれば

    看護師のじょん

    【まだ管理者になりたいと思ってるの?】訪問看護の管理者 理想と現実について現役訪問看護師が解説します。

    読者になる
  • 2位

    【エリア決めのコツ】訪問看護立ち上げたいけどどこに開業するの?現役訪問看護経営者が解説します

     今回も立ち上げについてのシリーズです。 立ち上げるためにはどんな工程を辿るのか 立ち上げるのにどのくらいのお金がかかるのかを話しました。  よし、立ち上げるまでの イメージはついた。 これだけお金が かかるんだな、よしよしと ここまで考えられたと思います。  そこで今回は、ステーションを作る としたらどこがいいのか。 について話して いきたいと思います。 動画はこちら↑↑↑ 今回この記事を見てもらう事で自分が 出したかったエリアが出してもいい場所なのか、 全くエリアが定まらなかった人は出すエリアについて 絞る事ができるようになりますので是非最後までご覧ください。  

    看護師のじょん

    【エリア決めのコツ】訪問看護立ち上げたいけどどこに開業するの?現役訪問看護経営者が解説します

    読者になる
  • 3位

    ”11月のロカボ食べながらHIVを知る会

    飲食物持ち込み禁止、といいながら、焙煎コーヒーの誘惑に心を揺さぶられてしまった そして、間違いなく美味しかった。カフェしてて良かった~西成をLGBTフレンドリ…

    まっしぃ

    ”11月のロカボ食べながらHIVを知る会

    読者になる

続きを見る

  • 臨床研修医の生の声です。

    臨床研修医の生の声です。

    将来、何科の専門医になるかを悩んでいる臨床研修医の生の声です。ちなみに、精神科は制度上必修のため、懸命に学んでいた彼です。

    テーマ投稿数 2件

    参加メンバー 2人

  • 心の旅をしているものです。

    心の旅をしているものです。

     一歩一歩の積み重ねが自分自身を見つめ直す旅 同じ志を持つ仲間との出会いは、喜びや感動を生み、心を豊かにしてくれます。

    テーマ投稿数 709件

    参加メンバー 32人

  • 痴呆症(アルツハイマー)の情報箱

    痴呆症(アルツハイマー)の情報箱

    アルツハイマーなどの痴呆症に関する記事をトラックバックしてください。 みんなで、痴呆症のことを真剣に勉強いたしましょう!!

    テーマ投稿数 132件

    参加メンバー 22人

  • ガンなんて怖くない!みんなでガン予防

    ガンなんて怖くない!みんなでガン予防

    ガン(癌)は、きちんとした知識で予防すれば、怖くありません。 実際、この最近のアメリカでは、予防医学でガンの発症率が半分以下になっています。 死亡原因のNo.1「ガン」というのは、あと数年後まででしょう。 みんなでガンの予防について、勉強しましょう!!

    テーマ投稿数 631件

    参加メンバー 121人

  • <犬>免疫介在性溶血性貧血

    <犬>免疫介在性溶血性貧血

    愛犬が免疫介在性溶血性貧血(自己免疫性溶血性貧血)と戦っている皆さん、 闘病に関する記事を書いたら、是非トラバしてくださいm(_ _)m ブログのアクセスリンク元を見てみると、 思いのほかこの病気に関する事を検索している方が多い事に気付きました。 1年後の生存率は50%と言われているこの病気、一生の付き合いになります。 同じ病気で苦しんでいるワンちゃんの、体験記を一緒に作りませんか? その体験が、同じように苦しんでいるワンちゃんの参考になれば、 こんなに嬉しいことはないですよね。 もちろん、お互いに紹介するだけではなく、情報交換の場にしていただいて構いません。 相手を思いやる気持ちを忘れずに、交流をお願いします。

    テーマ投稿数 154件

    参加メンバー 14人

  • ≪代替療法≫アロマ・ハーブで乗り越える!

    ≪代替療法≫アロマ・ハーブで乗り越える!

    アロマテラピーは医療行為として認められている国もあり、日本でも研究が進められています。 また、西洋の漢方とも言われるハーブや、最近よく耳にするバッチフラワーなど、今注目を浴びている【代替療法】で心身の不調をケアしていきませんか? リスカ、OD、その前に!! もしかすると、自然の力が私達を救ってくれるかも…?

    テーマ投稿数 382件

    参加メンバー 95人

  • 潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎

    潰瘍性大腸炎に関する記事のトラックバックをお願いします。

    テーマ投稿数 433件

    参加メンバー 34人

  • 胃粘膜下腫瘍

    胃粘膜下腫瘍

    「胃粘膜下腫瘍」についてならどんな記事でもお気軽にTBして下さい。 この病名を告げられた人は、たいていは「1年に1回の胃カメラで経過観察で良い」と診断されますが、「細胞をとって生体検査をしても、粘膜の下までは組織が取れないから良性か悪性か診断がつかない」などと言われて、悪いかもしれないものを1年も放っておいていいのか…? といった疑問を抱いたりしていないでしょうか? 胃カメラで偶然見つかる事が多いようですが情報が少なく、大袈裟な病名に不安になる方も多いと思います。 このトラコミュは、同じ「胃粘膜下腫瘍」を持っている人同士で情報交換ができれば……という思いから作成しました。 「胃粘膜下腫瘍」とは…… 胃の粘膜層よりも深いところにある胃壁内の病変によって、粘膜が胃の内腔に突出した隆起のことをいいます。(中略) 一般に、腫瘍が小さい場合はほとんど無症状で、多くは健診などで偶然発見されています。時に心窩部痛(しんかぶつう)や腹部不快感を伴う場合があります。 (『gooヘルスケア』より抜粋) キーワード:胃粘膜下腫瘍、胃カメラ、経過観察、GIST

    テーマ投稿数 8件

    参加メンバー 6人

  • 台所印の元気印

    台所印の元気印

    病気になったり、体のトラブルで悩んだり、怪我をしたり・・・そういう時に医者へ行く、薬を処方してもらうというのももちろんですが、台所にある食材や身近にある植物を使って対処することも多いと思います。 風邪に玉子酒、便秘にヤーコン、下痢にはゲンノショウコ、ひび、あかぎれには柚子などなど。 辛い深刻な病気でも、医学に加えて、家庭の台所からのサポートが相乗効果をもたらすこともあるでしょう。 台所や身近にあるもので元気に暮らそう! というポリシーに基づいた知恵や経験談、トラックバックしてみませんか(台所にあるものとは、ふだんの料理のためにふつうに台所にあるものを対象としています。そうでない健康食品、サプリメントなどの利用に関するものはご遠慮下さい)。

    テーマ投稿数 378件

    参加メンバー 36人

  • インフルエンザ(新型〜AB型〜香港〜ソ連)

    インフルエンザ(新型〜AB型〜香港〜ソ連)

    インフルエンザ(Influenza)はインフルエンザウイルスによる急性感染症の一種で、流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、略称・流感(りゅうかん)とも言う。又、1795年1月9日、名横綱・谷風梶之助がインフルエンザで亡くなったことから、「谷風」と呼ぶ。 発病すると、高熱、筋肉痛などを伴う風邪の様な症状があらわれる(詳細は症状の節を参照)。ごくまれに急性脳症や二次感染により死亡することもある。 インフルエンザとヒトとの関わりは古く、古代エジプトにはすでにインフルエンザと見られる病気の記録が残っている。最も重大な転機は1918年から1919年にかけて発生したスペインかぜの世界的な大流行(パンデミック)である。これは規模、死亡率の点で強力で、感染者数6億人、死亡者数 4000万 - 5000万人(さらに多いという説もある)にのぼり、第一次世界大戦終結の遠因ともいわれる。このスペインかぜ以降、インフルエンザは毎年継続してパンデミックを起こしている状態にある。また、さらに数年から数十年ごとに、新型のヒトインフルエンザの出現とその新型ウイルスのパンデミックが起こっており、毒性の強い場合は多数の死者がでる。 近年は新型ヒトインフルエンザのパンデミックが数十年起こっていないこと、死亡率の減少などから、「インフルエンザは風邪の一種、恐れる病気にあらず」と捉える人が多くなったが、これは誤解である。インフルエンザの症状はいわゆる風邪と呼ばれる症状の中でも別格と言えるほど重く、区別して扱う事も多い。またパンデミック化したインフルエンザは人類にとって危険なウイルスである。 日本などの温帯では、冬期に毎年のように流行する。通常、11月下旬〜12月上旬頃に最初の発生、12月下旬に小ピーク。学校が冬休みの間は小康状態で、翌年の1-3月頃にその数が増加しピークを迎えて、4-5月には流行は収まるパターンである。

    テーマ投稿数 453件

    参加メンバー 210人

続きを見る

  • パーキンソン病と診断されたら読んで欲しい本

    こんにちわ、とまよです。最近のニュースで、みのもんたさんがパーキンソン病と診断されていた事が話題でしたね。 訪問看護の利用者様の中には、パーキンソン病と診断され、リハビリに取り組んでいる方もいらっしゃいます。 訪問看護を利用する段階なので、ある程度症状が進行している方が多いのですが、比較的多く聞かれる意見として、 パーキンソン病って診断されたけど、具体的にどんな病気なのか、未だにあまりわかってない… というのが多い印象を受けます。 なんとなく、当てはまる症状はあるものの、今後何をしたら良いのか?どんな事に気をつけたら良いのか?主治医の先生とゆっくり話す時間もなく、理解も十分でないまま、症状は進…

    とまよ とまよリハビリ
    読者になる
  • またくぐり

    おはようございます。トリコです。最近、1歳になった子供が不思議なポーズを繰り返し行います。でんぐり返しのような、頭を下につけてまたから覗き込むような。こっちからも覗き込んであげると喜びます。まぁ遊びの一種の様なものかなと思っていたら、上の2人も同じことをやっていたよと言うのです。確かに、写真も残っていました。調べてみると、「またくぐり」という動作のようです。またくぐりが出来るくらいの月齢になると次の子供OKという迷信・ジンクスがあるそうです。上の子達の時は特段気にもしていませんでしたが、1歳の子供から新しいきづきをもらったような気がします。ちなみに、先日私達の不用心で、ニンテンドースイッチライトを1歳の子供に捨てられてしまいましたが・・・。泣今日も元気に訪問へ行ってきますきづきリハビリ訪問看護ステーションホーム...またくぐり

    読者になる
  • 訪問看護ステーションのリハビリと、訪問リハビリの違いについて現場の感覚でざっくり解説

    こんにちわ、とまよです。実は今、2021年度の介護報酬改定に向けて、訪問看護における療法士の業務が縮小される動きとなっているんです。詳しくはこちらの記事を参照 訪問看護ステーション本来の趣旨に鑑み、「スタッフの6割以上が看護職員」などの要件設定へ—社保審・介護給付費分科会(1) | GemMed | データが拓く新時代医療 現在、訪問看護ステーションでの療法士によるリハビリを受けている方の一部は、今後リハビリを受ける事ができなくなる…なんて事も考えられます。 ただ、利用者の多くは、 そもそも訪問看護ステーションのリハビリと、訪問リハビリって何が違うの?そのように思っているのではないでしょうか?…

    とまよ とまよリハビリ
    読者になる

続きを見る

  • とまよリハビリ

    訪問看護ステーションでリハビリの仕事をしている理学療法士のブログ。利用者様の購入品や実践した事のレビューを中心に毎日発信。認定理学療法士(脳卒中)、呼吸療法認定士。

    読者になる
  • まるおblog

    訪問理学療法士×初心者ブロガーです!少しでも役に立てることや、共感を得られることを発信していこうと思います!

    読者になる
  • 新人社長 看護師アサミの漫遊記

    皆さん、こんにちは。 4月1日にアームエイブルという訪問看護の会社を立ち上げました、社長のアサミです!! どうぞよろしくお願いしま〜す!!

    読者になる
  • 社会人から看護師へ奮闘記

    41歳で准看護学校入学。43歳で准看護師になりました。その後、高看進学。45歳で看護師になりました。看護師になるまでの4年間を記録として残し、今看護師目指そうか迷っている方に向けてお役に立てばと思い記録に残しておきたいと思いました。

    読者になる
  • 訪問看護師まさこの介護全力応援日記

     介護を頑張っている方、介護をこれからはじめる方など介護に携わるさまざまな人を勝手に一人で全力応援している訪問看護師です。ちょっとした介護のコツや節約法、楽しく続けられる介護の方法など書いてます。

    読者になる

続きを見る

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)