TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

終末期医療 トップ

TOP help

続きを見る

  • 1位

    [24]月の山―死の教育プログラム

    死が死んでいる、死が生きる、とボクは今表現した。このように書くと、ボクたちの感覚は、なぜか語義矛盾のように反応してしまうものだ。それはボクたちの観念では、“死”と“生”とが対立的なものとして考えられてしまうからだ。これは日本人一般というより、現代の人間一般の反応と言っていいかもしれない。しかしボクには、若菜の死以来、そうは考えられなくなっている。死はボクの中に常に生きていて、死はボクの生の終わりに位置づけられていない。つまり彼女の死もボクの死もボクの生の中に組み込まれていて、“死が生きている”感覚が強い。この感覚はずーっとボクの中に確実な場所を占め続けている。それは死の後に再び生が復元されるといった観念とは裏腹の感覚である。山形県には庄内平野から聳える出羽三山の山並がある。美しい山並だ。出羽三山は湯殿山、羽黒山...[24]月の山―死の教育プログラム

    tsuguchan

    鑑三翁に学ぶ[死への準備教育]

    読者になる

続きを見る

  • 慢性活動性EBウィルス感染症

    慢性活動性EBウィルス感染症

    慢性活動性EBウィルス感染症と闘病中の方のトラコミュです。もし同じ病で苦しんでいる方が居たら情報交換しましょう。

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 2人

  • 精神疾患を克服したい!!

    精神疾患を克服したい!!

    精神疾患に悩まされ苦しみながら日々を生きている。 完治や克服、社会復帰を目指している方のトラコミュです。

    テーマ投稿数 371件

    参加メンバー 28人

  • メンタル疾患全般!

    メンタル疾患全般!

    鬱病・・躁鬱病・・パニック発作・・仮面鬱病・・性同一障害・・アスペルガー症候群・・自律神経失調症・・統合失調症・・境界性人格障害・・対人恐怖症・・不安神経症・・更年期障害・・様々な依存症・・・あとは・・・まだまだたくさん!あげればきりないくらいの症状につけられた病名。病名は違っていても同じ薬を飲んだり・・症状が同じだったり・・同じ病名でも・・薬は違い・・症状もちがったり・・きっとメンタル疾患は・・同じとこから発症するのかもしれませんね。軽いうつ気味のかたもお気軽にご利用下さい。

    テーマ投稿数 9,558件

    参加メンバー 442人

  • 後遺症

    後遺症

    後遺症(こういしょう)とは、病気・怪我など急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること。

    テーマ投稿数 121件

    参加メンバー 10人

  • ヒトゲノム

    ヒトゲノム

    ヒトゲノムはヒトのゲノムである。 ヒトゲノムは核ゲノムとミトコンドリアゲノムからなる。 核ゲノムは30億塩基対あり、24種の線状DNAに分かれて染色体を形成しており、最も大きいものが2億5千万塩基対で、最も小さいものが5500万塩基対である。 染色体は22種類の常染色体とXとYの2種類の性染色体に分類される。 核を持たない赤血球をのぞく体細胞は2倍体であり、同じ種類の常染色体を2本ずつ、性染色体を2本(女性はXとX、男性はXとY)の合計46本の染色体を持っている。 生殖細胞は1倍体であり、常染色体を1本ずつ、性染色体を1本の合計23本の染色体を持っている。 ミトコンドリアゲノムは16569塩基対の環状DNAでミトコンドリアの中に多数存在している。 体細胞も生殖細胞も約8000個ずつ持っている。 ヒトゲノムの塩基配列の解読を目的とするヒトゲノム計画は1984年に最初に提案され、1991年から始まり、2000年6月26日にドラフト配列の解読を終了、2003年4月14日に全作業を終了した。 ヒトの遺伝子数は2万〜2万7千個であると考えられている。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 12人

  • 細胞

    細胞

    細胞(さいぼう)は生物の最も基本的な構成単位である。ウイルスを除き、全ての生物が細胞から成り立っている。細胞を持つことが生物の定義とされることもある(この場合、ウイルスは非生物に位置付けられる)。 生物は多様であり、一つ一つの細胞が独立して生きていくような単細胞生物から、同じような細胞が集まってコロニーや群体を形成して一緒に生きていくようなもの、また一つ一つの細胞に分かれては生きていけないほどまでに特殊化した細胞からなる多細胞生物まで、様々の形態がある。ヒトは約220種類の細胞組織から構成されている。

    テーマ投稿数 22件

    参加メンバー 11人

  • 後発医薬品(ジェネリック)

    後発医薬品(ジェネリック)

    後発医薬品(こうはついやくひん、Generic drug)とは、成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 6人

  • 過労死(を防ぐ〜避けるには?)

    過労死(を防ぐ〜避けるには?)

    過労死(かろうし、Karoshi , death from overwork)とは、周囲からの暗黙の強制のもとで長時間残業や休日なしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、働き盛りのビジネスマンが脳溢血、心臓麻痺などで突然死することである(最近は若者も多くなっている)。英語では元々work oneself to deathと普通に翻訳されていたが、日本の状況が欧米でも報道されることが増えたためそのまま「Karoshi」として翻訳されている。 日本語の過労死がそのまま使われるのはこれが日本特異の現象であるとの認識を示す。またkAROSHIは英語の辞書や他言語の辞書にも掲載されている。先進国であるはずの日本の封建的な労働状況を象徴する言葉として認知されるようになる。しかし、実際には他国でも過労死という現象は起こっており、日本だけの問題であるという認識は間違っている。 日本と同じで労働基準法の甘いアメリカ、そして途上国を中心に多数の事例が報告されているがこの場合にこれらの過労死がKAROUSHIと表現されることはない。

    テーマ投稿数 51件

    参加メンバー 26人

  • 脳梗塞

    脳梗塞

    脳梗塞の障害者です コミニケーションしませんか

    テーマ投稿数 785件

    参加メンバー 25人

  • 病気と闘う中年オヤジ

    病気と闘う中年オヤジ

    さまざまな病気と闘いながら、仕事も家庭サービスもがんばっている中年オヤジのみなさんの交流の場です。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 13人

続きを見る

  • [27]墓-私はここにはおりません           

    死を縁遠くしてきた社会では「墓」は些細な問題である。墓地やお墓はいつか必要になるものとは考えていても、それを若い人が準備しておくのも稀なことだろう。日本の場合伝統的には男性長子の場合には墓の決まっている人も多かった。現実的には今もそうだろう。日本では長子は「墓」の継承者である。沖縄地方の亀の形をしたお墓が大きいのは、家族単位で埋葬するからだそうだが、分家単位で墓を考えてきた本土の場合は、最近では墓地も高額となってきて、ちまちまとせせこましい墓が多くなった。団地スタイルのお墓も流行している。これなぞ苦肉の策というヤツだろう。無縁仏になってしまう墓も多いと聞く。日本の墓事情とはこんなところだろう。先日も友人からの相談を受けた。この友人はお嬢さんが二人いて、二人とも近々嫁ぐことになった。友人の父親の墓は長男の兄が郷里...[27]墓-私はここにはおりません      

    tsuguchan 鑑三翁に学ぶ[死への準備教育]
    読者になる

続きを見る

続きを見る

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)