TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

リハビリテーション 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    電車で行ってきました

    今日はお義母さんが入院している病院へ電車で行ってきました。入院後、補聴器の電池を持って行ってるのですがお義母さんどこかになくしてしまったようでみつからないから…

    ひまこ

    電車で行ってきました

    読者になる
  • 2位

    【注意】実は名付けに使わない方がいい漢字 この漢字が入っていたら【知らないほうがよかった】御参考までに。

    ある💬 大切なのは字が元々持ってる意味より、親がどういう想いでつけたかでしょ? 字の意味よりつけてくれた人の想いが何よりも大切。 これダメあれダメなんていってたらきりがないよ。 そもそもすべての人が名前

    モモコ

    【注意】実は名付けに使わない方がいい漢字 この漢字が入っていたら【知らないほうがよかった】御参考までに。

    読者になる
  • 3位

    順調に回復しています

    お義母さん、順調に回復しています。昨日も何度か電話があり持ってきて欲しいものなど聞いて。昨日はテレビカードを買おうと思ったら1,000円札がなくて買えずナース…

    ひまこ

    順調に回復しています

    読者になる
  • 4位

    動作には感覚情報が必要です。

     動作には感覚情報が必要です。  例えば、目隠しして歩けますか。  ものをつかめますか。  また、皮膚感覚があっても視覚がないと普通の方は「ヌルヌル」した感じの物を平気でつかめますか。  ところが、普通の健常状態では無意識で皮膚感覚と筋肉感覚を活用しているのです。  脳卒中後はこの皮膚感覚と筋肉感覚が失われて視覚だけ残るのですよね。  で、見えて動かせるから、動作ができると思いこむことがあるわけですよ。  例えば、物を掴むとき視覚でその物体の大きさ形、物体までの距離等を推測するわけですよね。  で、形に合わせて手を、指を伸ばそうとしてできなかったり、掴めても柔らかい物でしたら握りつぶしたりとかいろいろ動作に支障が出てきますよね。  これは「感覚がない」ということですよ。  そして、緊張がすごいですよね。  緊張をそのままにしていると筋緊張亢進で、さらに進むと痙縮ですよ..

    あっけらかん

    動作には感覚情報が必要です。

    読者になる
  • 5位

    感覚の戻りについて。徐々に戻ってきている感じがあります。

     感覚の戻りについて。  徐々に戻ってきている感じがあります。  また、瞼ですが「痛覚」で時々ね。  そのときはコンタクトレンズ装着で猛烈に痛い。  で、しばらくしたら、治まります。ゴミの場合と異なっているのは時間がたてばということだからです。  麻痺手の指の震えがコンタクト装着時に少し小さくなったのですが、瞼の時は以前よりできなくなりました。  一見後退した感じね。  腕は厳しいですね。  足はよくわからないですが・・。  でもね、「楽に動かせるような筋肉と関節なので感覚の回復が割とダイレクトで現れてくると思うのです。  また、皮膚感覚や筋肉感覚との連携もできてきていると思うのですが、軸索だったところが樹状突起に変わったわけですよね。  伝導速度の低下によるずれで震え等は大きくなると考えられるので一見麻痺が大きくなったように感じられる場合もあるかもね。  「大きく..

    あっけらかん

    感覚の戻りについて。徐々に戻ってきている感じがあります。

    読者になる
  • 6位

    ラーメン難民になりかけた|太陽軒からドラゴンヌードルが消えていた

    米子(鳥取県)のラーメン屋『太陽軒(たいようけん)』から、人気メニュー『ドラゴンヌードル』が消えていた件

    kazz

    ラーメン難民になりかけた|太陽軒からドラゴンヌードルが消えていた

    読者になる
  • 7位

    我慢の3連休が終わった

    独居老人は、いつもと変わらず朝一からの自重トレーニングをこなし公園周りを散歩し植物を観察して、水をやりし鍬をふるって地面を平らにならし何時ものように散歩を兼ね…

    after-kohamajima

    我慢の3連休が終わった

    読者になる
  • 8位

    高次脳機能障害で病識を持つのは難しい~自立とはこういうことか?までの体験

    「私はインフルエンザ脳症で高次脳機能障害になりました。その結果、記憶力が悪くなりました。」これが私が抱いた最初の病識です。最初に自分の状態を知らされたのは大学病院を退院するとき。入院中に毎日行った記憶の心理検査の結果を心理科の先生から伝えら

    へぶ

    高次脳機能障害で病識を持つのは難しい~自立とはこういうことか?までの体験

    読者になる
  • 9位

    新興宗教名乗る者は罵倒と絶賛を繰り返し自らは棚の上で我が一番と思ってる傲慢さが気持ち悪くて吐き気がする・私は中立思考で両者の言い分を見据えて行く派。殺人犯でも修業を積めば菩薩になれる証明。答えはブッタ。

    ハリウッドスターロバートデニーロの反論言葉 創価学会や新興宗教団体に属するものの特徴は    とにかく鼻息が荒くて、うっとうしい限り。 気に食わない反するものに対して、これでもかというほど罵しり

    モモコ

    新興宗教名乗る者は罵倒と絶賛を繰り返し自らは棚の上で我が一番と思ってる傲慢さが気持ち悪くて吐き気がする・私は中立思考で両者の言い分を見据えて行く派。殺人犯でも修業を積めば菩薩になれる証明。答えはブッタ。

    読者になる
  • 10位

    ボーイング社で考えてみるアメリカの株高。

     ボーイング社で考えてみるアメリカの株高。  ボーイングは株主還元をしすぎて「債務超過」に陥ったそうです。  資金をなんとかして倒産はしていないようなのですが。  この「株主還元」ですが、アメリカは役員報酬の70%ぐらいが株式というのです。  収益力を高めるより、自社株買いと配当増額で株式価格をつり上げる方が自身の収入を増やすのに手っ取り早いということですよね。  配当増額と自社株買いでの株価上昇には他の株主からの普通反対は出ないでしょうからね。  でもね、この二つに資金を使い果たすと一寸した切っ掛けで債務超過に陥る可能性が出てきて破産に至るわけですよね。  そうすると、株主は大損だし、経営者は株による報酬が実質ゼロになるのですよね。  アメリカでは多くの経営者はこのことが理解できないのかな。  今回の大統領選挙でもこのタイプのことが理解できない有権者が多くいたのでトラン..

    あっけらかん

    ボーイング社で考えてみるアメリカの株高。

    読者になる
  • 11位

    「GS Knee」ってなに?回復後の歩容も考え自然な歩行練習ができるように

    「GS Knee」は、長下肢装具の膝継手に取り付けて使われる機器。 リハビリで歩行練習をする時に、膝が固定され…

    ハナコ

    「GS Knee」ってなに?回復後の歩容も考え自然な歩行練習ができるように

    読者になる
  • 12位

    今週のゴッドハンド

    毎週のゴッドハンド接骨院、先週からは電気ピクピク治療も導入していただいていますが、せっかくやるなら目的に焦点を絞った位値を狙っていこうと 私の感覚を探りながら…

    musucaribreeze

    今週のゴッドハンド

    読者になる
  • 13位

    言の葉

    このプログラムに参加する度に感じる事があります。メンバーの皆さんが前向きなこと。「私できない。」とか 「ホントに効果あるの?」とかいう言葉は一切どの方の口から…

    読者になる
  • 14位

    未来へ残すホームページ

    米粒大のスロー人生http://www.asahi-net.or.jp/~xc2k-mrkm/書いて開いてますあきらめず未来へ向かいます重いばかり未来へ残すホームページ

    読者になる
  • 15位

    リハビリ・クッキング / あんバターナン

    ややこしいタイトルのおやつです。前に作った餡子とナンと最近お気に入りのグラスフェッドバター『リハビリ・クッキング / 安納芋は 素敵なスィーツ』今年も安納芋…

    musucaribreeze

    リハビリ・クッキング / あんバターナン

    読者になる
  • 16位

    【肩こりの病態】自律神経から考える

    肩こりってなんなんでしょうね 病院に勤務していると肩こりで通院される方は非常に多いように思います。 実際に平成28年度厚生労働省国民生活基礎調査では病気や怪我の自覚症状の調査において、女性では第1位、男性では第2位となっています。 つまり、日本人の多くの方が肩こりに悩んでいるということになります。 ちなみに、男性の第1位は腰痛です。 器質的要因が明らかでない肩こり、つまり原因のわからない肩こりの誘発因子としては、長時間の持続的筋収縮(過緊張状態)が挙げられています。 パソコンで長時間作業をしたり、同じ作業を繰り返し行う事務作業などで肩こりが生じやすいということになります。 また、肩こりを訴える…

    リハビリの木

    【肩こりの病態】自律神経から考える

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)