TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

卵巣腫瘍・卵巣のう腫 注目記事

NEW POST
help
  • 1位

    OUR FAVORITE TAKARAZUKA

    娘とお揃いの布で作成したマスクを夫が付けて行きました。50近いおっさん×北欧柄の布マスクは結構シュールな画でありました。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

    にく

    にくの主に宝塚ブログ

    読者になる
  • 2位

    瀬戸かずやが落ち着いている件

    明け方の豪雨により、現在は晴れていますが本日は一日休校が決定致しました。被災地域の皆様には謹んでお見舞い申し上げます。こんにちは、にくです。いつも当ブログをお読み下さりありがとうございます。

    にく

    にくの主に宝塚ブログ

    読者になる
  • 3位

    卵巣嚢腫の手術をしたお話7−入院4日目(術後2日目)

    卵巣嚢腫これまでのお話、→1はこちら→2はこちら→3はこちら→4はこちら→5はこちら→6はこちら------------術後2日目です。この日はぐっすり眠れました。それもあって、体もかなり回復した感じでした。シャワーを浴びるお許しも出たので

    con

    livinglog

    読者になる
  • 4位

    卵巣嚢腫の手術をしたお話8−入院5日目(術後3日目)傷の保護なしでシャワー。

    卵巣嚢腫これまでのお話、→1はこちら→2はこちら→3はこちら→4はこちら→5はこちら→6はこちら→7はこちら☆一覧はこちら-------------術後3日目。お腹や肩の痛みはまだありますが、食欲もほぼいつも通りに戻り、昨日に引き続きシャワ

    con

    livinglog

    読者になる
  • 5位

    パプリカを☆に切った結果。(映えません)

    七夕でしたね。雨続きでスーパーに行くのが億劫な私は現在、家にあるものでなんとか献立を立てています。七夕の日も例外ではなく、しかもその日が七夕であることに気づいたのは夕方でした。わりとイベントごと好きなのと、コロナ自粛で変化の少ない日常を少し

    con

    livinglog

    読者になる
  • 6位

    卵巣嚢腫退院後の様子 ~5・6週目~

    4月27日(水) 朝、目が覚めるとものすごく汗をかいていることに驚いた。ダルさもあったので一瞬で「だいぶ熱がある…」とわかった。測ってみると37度7分ほどだった

    ろも

    ろもろぐ

    読者になる
  • 7位

    卵巣嚢腫闘病記まとめ(初めてお越しのかたへ)

    ろもろぐにお越しくださりありがとうございます。当ブログでは27歳の時に14cmの卵巣嚢腫(成熟嚢胞性奇形種と後に診断)を患った時の入院・手術の記録を公開しています。卵巣嚢腫の闘病記を時系列にご覧になりたいかたは以下をご参照ください。各記事の

    ろも

    ろもろぐ

    読者になる
  • 8位

    宝塚歌劇団へ感謝の意を伝える

    こんな天気(吹き降りの激しい雨)の日に冬物の上着を洗濯してしまい、私は何をやっているのだろう。と自問自答する今朝です。こんにちは、にくです。いつも、当ブログをお読み下さりありがとうございます。

    にく

    にくの主に宝塚ブログ

    読者になる
  • 9位

    卵巣嚢腫退院後の様子 ~4週目~

    色で例えるなら桜色だった近所の景色も、あっという間に若緑一色になった。日毎の変化は大きくないが、一週間前と比べると様々な事が変化しているのを感じられる。私はというと、もう手術をしたことを忘れてしまうくらい日常生活に戻っている。

    ろも

    ろもろぐ

    読者になる
  • 10位

    コトー

    こんばんはバランガン終了であるご来店いただいた皆さまありがとうございましたまた明日明け方の地震で目が覚めたからか…眠いテン様は保育園帰りで眠そうねDr.コトー…

    樹京

    占い師♪ききょうのハッピーダイアリー

    読者になる
  • 11位

    受診の合間のこと ④心の支えになったこと

    心配されたい 父も病院選びで頼った知り合いのおばさんも私が思うように心配してくれませんでした。甘ったれと思われるかもしれませんが、誰かに気にかけて欲しいと思いました。一人では病気を受け止められない、立ち向かえない、誰かに支えてほしい。しかし、私には友達がほぼいません。相談できる人は二人しかいませんでした。 いとこのUちゃん いとこのUちゃんは少し年上でナースをしています。私のことも気にかけてくれて、私は姉のように思っています。Uちゃんにメールしてみると『大変だね。私の友達も卵巣嚢腫で手術したよ。でも、今はとっても元気にしているよ。だから、大丈夫、がんばれ!』と返事がきました。かなりさっぱりした…

    なすみ

    なすみの卵巣嚢腫体験記

    読者になる
  • 12位

    受診の合間のこと ③父に報告

    手術をすることが確定したので父に報告しなければなりません。私は結婚していないため、入院の保証人や手術の付き添いを頼むのが父になるからです。母は数年前に病気で他界しています。母は生前、看護師として働いていました。いてくれたらどんなに頼りになっただろうと思いました。 私からみた父 私は父が好きではありません。父は自分の考えだけが正しく、常に自分が上位にいないと気が済まない人です。自分には果てしなく甘く、他人を思いやることができません。母の病気がわかったときも母の心配よりも自分が取り残されることを心配していた人です。はじめは共に悲しみに暮れ居ていた母も父の様子にあきれるほどでした。父といるとその言動…

    なすみ

    なすみの卵巣嚢腫体験記

    読者になる
  • 13位

    受診の合間のこと ②不安におそわれる

    病気を受け入れられない これまでずっと健康に暮らしてきました。いつかは病気になるかもしれないけれど、それはまだまだ先のことだと思っていました。まさか、病気で手術が必要と言われるなんて夢にも思いませんでした。受け入れることができませんでした。 仕事は特に問題なく遂行できていたと思いますが、家ではずっと泣いていました。これから私はどうなってしまうのか、頭が混乱して冷静に考えることができませんでした。 『がんだったらどうしよう、私、死んでしまうの?こわい。』 『でも、腫瘍マーカーは陰性だし大丈夫・・・なはずだけど・・・』 『どちらにせよ手術だ、手術こわい、痛いの嫌だ、したくない。』 『誰に頼ればいい…

    なすみ

    なすみの卵巣嚢腫体験記

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)