TOPICS

睡眠時無呼吸症候群 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    診察室からコンニチハ(160)

    それでは参考までに脳の成熟と子どもの発達過程をみて行きましょう。人間の思考や行動、さらに心や感情の働きなどの精神活動を司るのが大脳である事は周知の事実です。考える力はもちろん、自発的、主体的であるかどうか、心情豊であるかどうか、意欲的、積極的であるかどうか、心優しく接するのか心冷たく接するのかなどはすべて大脳の働きです。その大脳の神経系の成熟が人間としての発達と大きな関連性を示しています。今日まで...

    narikawayuichi

    認知症と美しい老後

    読者になる
  • 2位

    診察室からコンニチハ(161)

    (2)髄鞘形成と子どもの発達の続きからです。②知覚系知覚系の最も原始的な働きに対応する脊髄後根細胞に、まず胎生6ヶ月ごろから髄鞘形成が起こり、生後6ヶ月頃までに出来上がってきます。【視覚系】の神経系には出生直後から髄鞘形成が始まり、生後4から5ヶ月頃までに完成します。従って、生後4ヶ月から5ヶ月頃には、視覚的な知覚の機能が高まります。【聴覚系】の神経系には、視覚系と同じように、出生直後から髄鞘形成が始...

    narikawayuichi

    認知症と美しい老後

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧