TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

治療・治療師 注目記事 NEW POST

help
  • 1位

    ”慢性疲労症候群?膠原病?理由のわからない体調不良が改善した”

    みんなの回答を見る

    KT

    難病を治している奇跡の気功整体師

    読者になる
  • 2位

    腸骨前傾の腰痛と腸骨後傾の腰痛の調整法

    先日、ぎっくり腰を起こされて来院された患者さんは、腸骨前傾による 爪先重心が顕著で、 脊柱起立筋の過緊張がきつく背骨の溝が深くなっています。 この方は、今は、ぎっくり腰で、腰が曲がっておられますが、 本来は、立つと腰が反り、出っ尻タイプの筈の方だと推察しました。 前屈みになると、腰の筋肉がさらに過緊張して、ぎっくり腰状態になり易いのです。 腸骨前傾・後傾がきつい場合、骨盤の流れる方向と逆方向に捻じれている様に見えます。 うつ伏せ、又は、仰向きで、両側の上前腸骨棘を前後から把握して、矯正を行います。 矯正を前の検査で、立ったままで、腕を後ろに伸ばして頂き、 腕が伸ばし難い側と伸ばし易い側を判定します。 伸ばし難い側の腸骨が後傾、伸ばし易い側の腸骨が前傾します。 腸骨の前傾を矯正する場合、うつ伏せにて、後傾側の腸骨は後ろに固定したまま、 前傾側の腸骨を..

    陽陵泉

    岐阜市 マサゴ整骨院刊 健康小事典

    読者になる
  • 3位

    ””専門医でも治せないパーキンソン病を大きく改善させた気功整体師””

    みんなの回答を見る

    KT

    難病を治している奇跡の気功整体師

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧