TOPICS

歯・口・喉の病気 新着記事

1件〜50件

  • 歯石にはタイプがある?

    歯石というと歯茎に悪さをするものだということはわかると思います。ただその歯石には大きく分けて2つのタイプがあることを知らない人が多いのではないでしょうか。一つは下の前歯の裏を中心に付く歯石で歯茎の上や歯と歯の間を埋めるように付くクリーム色のものです。このタイプの歯石は見た目が良くないのですが歯茎に悪さをしにくいものです。歯石というのは細菌が石灰化したものでそれ自体が悪さをするものではありません。その表面がザラザラしており細菌の住処になるということに問題があります。歯茎の上に乗っていたり歯と歯の間にある歯石はかなり大きくならなければ歯茎に悪さはほとんどしません。またついたとしてもこのタイプの歯石…

    Blue10

    歯医者の豆知識

    読者になる
  • 台湾研修旅行(スタッフ編)

    ”今週のブログを担当するマッキー歯科の<受付”みずき”さん>です。” ”もう1カ月以上たってしまいましたが、10月5日から7日まで 4年目の研修旅行で台湾に行ってきました・・・・…

    マッキー

    マッキー歯科医院の気まぐれ日記帳

    読者になる
  • 旧西武旭川店B館の解体進む

    旧西武旭川店B館の解体が進み、現在は3階を残すまでになった。 旧西武旭川店B館の本格的に解体スケジュール。 工事予定期間:2018年12月12日〜2020年2月29日  外壁撤去工事予定   20…

    マッキー

    マッキー歯科医院の気まぐれ日記帳

    読者になる
  • がんの治療は口腔内にどのような影響があるのか?

    現在がんの治療で抗がん剤を使用している人が多くいますが、薬が良くなっていてその多くが通院で行われています。ただ副作用がなくなったわけではないので倦怠感や脱毛などの症状はほとんどの人に出るといっていいと思います。歯科の領域では口内炎が多発するということがあります。また気持ち悪くて歯磨きができず口の中の環境が悪くなってしまう人もいます。口の中に出る症状を少しでも減らすためにはとにかく口の中をきれいにしておくことです。口の中をきれいにしておくと抗がん剤使用による口内炎を軽減できるということがわかっています。抗がん剤を使用することになった人には始める前と使用後体調が少し良くなったら受診して口腔内のクリ…

    Blue10

    歯医者の豆知識

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧