TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

直腸・肛門の病気 新着記事

NEW POST help
  • 痔核の意外な症状シリーズ①~「挟まった感じ」、「ムズムズ感」~

    「挟まった感じ」「ムズムズ感」「違和感」これらは痔核(いぼ痔)の症状の1つになりえます‌一般的には「出血」や「脱出」が有名な症状かと思いますが、上に挙げたものも痔の症状なのです‌「出血」や「脱出」にくらべ、主観的な症状なので、表現しづらいこともあると思いま

    osr48

    埼玉の大腸肛門科女医のブログ

    読者になる
  • 当ブログについて(クローン病・肛門周囲膿瘍患者)

    2012年に肛門周囲膿瘍/クローン病を発症一時期小康状態になるが、その後再燃現在は寛解状態を維持。当ブログでは、寛解状態へ至った闘病生活の道筋と再燃したり、これまでに後悔したことをこれから発症してしまった人に向けて治療していく上での一助にな

    七夕

    クローン病 寛解記

    読者になる
  • 肛門周囲膿瘍 発症~

    発症は高校生の頃、毎日生活している中で時々下腹が痛い事がある、お腹が緩くなった気がする。何か悪いものでも食べたかな?と思いながら生活していました。しばらくして、お尻に固めのしこりができて、座っているのも辛い状況になっていきましたが場所柄相談

    七夕

    クローン病 寛解記

    読者になる
  • 熱い!本気の肛門手術~痔核編~②

    まずはこちらを。「熱い!本気の肛門手術~痔核編~①」http://blog.livedoor.jp/osr48/archives/55222333.htmlで、この、入院施設でしか(出血のリスクなどから)やりづらいけど、根治性の高い「結紮切除」などを引き続き勉強するために、今も週1回、東京山手メディカルセンタ

    osr48

    埼玉の大腸肛門科女医のブログ

    読者になる
  • 熱い!本気の肛門手術~痔核編~①

    世の中には入院設備がある肛門科と外来手術しか行っていない肛門科があります‌この「入院できるかどうか」で、実は適応できる術式(手術の方法)が多少変わってきます‌出血のリスク(=根治性が高い傾向)がある手術だと、やはり、基本的には入院手術が理想です。本題に入る前に

    osr48

    埼玉の大腸肛門科女医のブログ

    読者になる

「病気ブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)