薬・薬剤師 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/01/17 17:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
black blackさん
  • 情報提供基準調剤加算廃止に見える今後の薬局のあるべき姿 黒い薬剤師ライターblack blackさんのプロフィール
  • 2018年1月10日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、2018年度診療報酬改定に向けた、「これまでの議論の整理(案)」が提示され、調剤基本料の基準調剤加算が廃止される見通しであることが明らかになった。基準調剤加算が2018年度改定で廃止へ基準調剤加算が廃止され新たな加算が新設されるそうです。・・・と聞くとなんだかフルモデルチェンジの様な印象を受けますが実際はそこまで大きな変化はないのではと思いま

2位
pharmacist894さん
  • 情報提供薬剤師の仕事、2025年問題 薬剤師の知識の泉pharmacist894さんのプロフィール
  • 本格的な高齢社会を迎え、日本の医療を取り巻く環境にも大きな変化があるそうで、団塊の世代が75歳以上の後期高齢者に達する2025年は、日本の医療を考えるうえでの節目と位置づけられています。政府の「平底26年高齢社会白書」によると、総人口に占める後期高齢者の比率は、2010年の確定値は11%余りですが、2025年には約18%にまで跳ね上がると推計されています。続いて、財政面では高齢化が進めば、国民医療費が増大していきます

3位
ネーヤさん
  • 情報提供ネーヤの職業相談(・∀・)ニヤニヤ おねぇ系薬剤師の言いたい放題ネーヤさんのプロフィール
  • さてと、とうとうインフルエンザも本番!今年はB型が早くから出始めて、A型と混在してるわね(^_^;)運の悪い人は両方罹患しちゃう可能性もあるから、うがい・手洗い、しっかりと栄養を摂って、ゆっくり休んでくださいね!!で、今日のブログはと言うと、インフルエンザ!とは全く関係なく職業相談のお話(´▽`)え?職業相談って??と首をかしげた読者の方々。それはこれから説明してくんだから読み進めて行ってちょうだい(笑)
4位 くま☆さん
  • 情報提供[日経DI]基準調剤加算の次、国が求める薬局像を反映か 薬局のオモテとウラくま☆さんのプロフィール
  • DI onlineに連載中の熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」。 年が明け、4月の調剤報酬改定に向けて中央社会保険医療協議会(中医協)での議論もかなり具体的になってきました。先週、かなり大きな話題となったのは、1月10日の中医協で示された基準調剤加算の廃止です。これにはちょっとした衝撃が走りましたね。基準調剤加算に代わる新たな評価(加算)を創設する方針も併せて記載されています。続きは以下のリンクからご覧くださ
5位 黒田真生さん
  • 情報提供カルボシステインは効くのか? 薬剤師のためのEBMお悩み相談所−基礎から実践まで黒田真生さんのプロフィール
  • こんにちは、黒田です。冬場になると増える、いわゆる「風邪処方」で非常に高い頻度で含まれる薬に、カルボシステインが挙げられます。私の薬局は耳鼻科の処方を受ける機会も多いので、よく調剤するのですが、前々から「カルボシステインは本当に効くのか?」と疑問に思っていたものです。そこで、外来が暇になった今日、一度調べてみようと思い立ちました。文献を検索したところ、いくつかがヒットしたので、その中から以下の3つ
6位 かえるさん
  • 情報提供ムコダインとムコソルバンの違い 薬の小部屋かえるさんのプロフィール
  • 処方薬であるムコダインとムコソルバン。どちらも同じ去痰薬です。では一体何が異なるのでしょう。  ムコダイン(カルボシステイン)痰に直接作用します。痰や鼻水のねばつき、粘度を減らしてサラサラにします。これにより詰まりにくく排出しやすくなります。また粘液自体の分泌を減らす効果もあります。  ムコソルバン(アンブロキソール)痰には作用せず気道粘膜に作用します。気道の粘膜を整え、痰や鼻水のすべりをよくする
7位 薬剤師ライターたかがきさん
  • 情報提供国際中医師試験の試験対策 薬剤師ライター仕事百科薬剤師ライターたかがきさんのプロフィール
  • 国際中医師(国際中医相談専門員)の認定試験を2017年12月9日(土)、10日(日)に受験しました。その際に困ったのが、受験に関する情報がほとんどなく、なにをどう勉強すれば良いのかわからなかったことでした。そこで今回は、私が中医学を勉強した東京薬科大学の中国医学実践講座で指導していただいた対策と、自分で行った対策と試験までのスケジュールを書きとめておきたいと思います。国際中医師(国際中医相談専門員)とは国
8位 漢方堂さん
  • 情報提供妊娠中の風邪(カゼ)に服用できる漢方薬は? 漢方ブログ│漢方薬を始めよう漢方堂さんのプロフィール
  • 妊娠中は服用する(した)薬が安全なのか、危険なのか、気になるところだと思います。もしかしたら漢方薬であれば大丈夫だろうと思われているかもしれませんが、漢方薬だから安全だということでもありません。 漢方薬だと安全なのか確かに、病院で処方される漢方薬や、通常、薬局で購入できる漢方薬に限れば、服用したことで胎児に直接影響があるという成分は使用されておりません。(今現在、知られていないというだけかもしれま
9位 ピッキーさん
  • 情報提供外来受診日 歌って踊る肺がん患者の闘病記ピッキーさんのプロフィール
  • 2018.01.16(TUE)今日は診察日でした。2か月に一度のCT撮影。状況によっては、ドセタキセル+ラムシルマブは卒業かもしれない、と言われていましたが。まず、採血の結果は問題なし。腫瘍マーカーも安定の基準値内でした。そして、CTの結果も、原発巣はわずかに増大している程度。昨年11月のCTでは、大きくなっちゃった印象がありましたけど。今回は、そんなに変わらないように見えました。ドセ+ラムを開始する前の画像と比べたら
10位 おじさん薬剤師さん
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 ダーラムさん
12位 薬剤師ときどき父さん
  • 情報提供若いエキスを頂きに、新米管理薬剤師さんに会ってきたお話 薬剤師ときどき父薬剤師ときどき父さんのプロフィール
  • 若いエキスを頂きに、新米管理薬剤師さんに会ってきたお話やくちちさん、もうすぐ35歳になってしまいます。やっぱり若い人にあって刺激をもらわないと〜〜ということでTwitterでお世話になっている新米管理薬剤師さんと会ってきました。フォローはコチラから↓Follow @NewFarmacistTweets by NewFarmacist 蒲田駅で合流初対面ということで、全く顔がわからないのでTwitterのDMで連絡を取り合いながら合流うんうん、新米管理薬剤
13位 yakuzaiさん
14位 hospharさん
  • 情報提供■やりたい仕事を引き寄せるには、 薬剤師の話hospharさんのプロフィール
  • まず、『この仕事は面白い』と思ってみる。≪退屈に思える仕事を『遣り甲斐のある仕事』にする心得≫①仕事を『研究』すること例えば、ホッチキス一つでも、どう打てば資料が読みやすく扱いやすいかを考える。そうした探求心を持っていれば、どんな些細な仕事でも興味が湧いてくる。そして、探求心を持って仕事に取り組んでいると、自然に、深く考える力、広く見つめる力、先を読む力、人の心を読む力、場の空気を感じ取るが養われ
15位 ピッキーさん
  • 情報提供なにがどうしてそうなったのか 歌って踊る肺がん患者の闘病記ピッキーさんのプロフィール
  • 2018.01.13(SAT)彼氏ができましたぁ♪(≧▽≦)♪…と騒いでおいて、それっきりじゃ、読んで下さる皆様に失礼ですよね。なにがどうなって、そうなったのか、のろけてみたいと思います( *´艸`)半年ほど前。バンドの仲間に誘われて参加した、音楽サークルのような集まりが、とっても楽しかったんです。初参加でもヘタクソでも、みんな温かく仲間に入れてくれて、友だちもたくさんできました。こういうの、もっと色々参加したいと思
16位 セルフメディケーションさん
  • 情報提供アンメルシン 『セルフメディケーション税制』ー対象薬と対象外薬セルフメディケーションさんのプロフィール
  • 今日はどちらもセルフメディケーション税制対象薬です。アンメルシン1%ヨコヨコ1%って、インドメタシンの配合率のことですね。wikipediaによると、インドメタシン(英: indometacin)とは非ステロイド性抗炎症薬の一つ。アラキドン酸カスケードにおけるシクロオキシゲナーゼ(COX)を阻害することによりプロスタグランジン類の生成を抑制することによって抗炎症作用を示す。また、抗炎症作用以外に鎮痛作用を持つ。ということな
17位 みやQさん
18位 漢方1日1歩さん
19位 ぺんぎん薬剤師さん
20位 おじさん薬剤師さん
21位 komochiさん
  • 情報提供セチリジン 市販薬 効果と副作用について 薬屋のおじさんが教える上手な薬の使い方komochiさんのプロフィール
  • セチリジン 市販薬の効果と副作用について確認していきたいと思います。セチリジン 市販薬には、どのような効果と副作用があるのでしょうか。セチリジンというと、第2世代の抗ヒスタミン薬になります。商品名では、「ジルテック」ということで、聞いたことがある人もいるかと思います。花粉症の薬ということで、使ったことがある方も多いのではないでしょうか。そんなセチリジンですが、市販薬にも入っているというのはご存知でし
22位 ゆうさん
23位 hospharさん
  • 情報提供■職場のいじめの実態 薬剤師の話hospharさんのプロフィール
  • ▼職場でいじめを受けたことがありますか!?・ある?56%・ない?44%▼具体的ないじめの内容・言葉の暴力?23%・仲間外れ?20%・陰口?19%・無視?18%・ミスを自分のせいにされた?9%・身体的暴力?8%・セクハラ?2%・ストーカー行為?1%出所:マイナビニュース2014年≪相互リンク≫薬剤師の話薬剤師のメモ帳病院薬剤師日記
24位 薬剤師おじさん やくおっぱさん
  • 情報提供腸内環境 モンセ分店薬局の元気で長生き 薬剤師おじさん やくおっぱさんのプロフィール
  • 腸内環境の改善が健康につながる漠然と分かっていたことが、段々と専門的に解析されてきて解き明かされてきた^ - ^やはり和食が良いと言うのが納得^ - ^
25位 yakuzaiさん
  • 情報提供妊娠線の予防法 くすりの勉強 -薬剤師のブログ-yakuzaiさんのプロフィール
  • 妊娠線の予防法は? 妊婦のお腹を見たことがあるでしょうか? 私の妻はさほどひどくはありませんでしたが、「妊娠線」という血管が浮き出たような縞...
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 中央薬局グループ採用係さん
  • 情報提供マイナス2℃っ! 中央薬局グループ採用係中央薬局グループ採用係さんのプロフィール
  • 朝の薬局前、定点観測、田んぼの観察。雪国ではここ数日、大雪で大変な苦労だったとか。でも、こちら地方は乾燥した日々が続いています。雪もない枯れた田んぼ、これがこちらでは見慣れた、冬の田舎の風景です。今朝の出勤時、車の外気温表示。私が家を出るのは、日が出てから既に1時間以上経っているのに、気温はまだ-2℃!非常に寒い、週の始まりでした。先週末、やはり寒さ厳しかった土曜日、そんな中、就活を始めた学生さん2
27位 かやとんとんさん
  • 情報提供防風通聖散はやせ薬では無い 私の医療観かやとんとんさんのプロフィール
  • 防風通聖散は市販薬でも売っていて、ナイシトールとかコッコアポとか色んな名前で出て、脂肪燃焼アップとかいって、やせ薬みたいなことを思い浮かべる薬として販売されています。 実際の薬効、効能としては肥満症・むくみ・便秘となっているので、太っている人には一定の効果があると思われますが、私が実際に使ってみた経験を書くと以下のような感じになります。 まず、はじめに服用は添付文書通りで1日3回 空腹時に服用1か
28位 Kシューケルさん
29位 にかわくんさん
  • 情報提供当科の疾患ではありません リウマチ膠原病科医の伝えたいことにかわくんさんのプロフィール
  • 当科の疾患ではありません、この症例は。そんな言葉を簡単に言ってのけるドクターがとても多いことが気になります。リウマチ膠原病科は症状も多岐に渡る疾患が多いのでどうしても「当科の疾患ではありません」と言い切ることが難しいし、時間もかかります。ですからいろんな専門科にそう言われて巡り巡ってうちに来る患者さんは少なくありません。たまにコンサルテーションを受けてうちの病気ではないとバッサリと切り捨ててしまう
30位 こつぶさん
31位 セルフメディケーションさん
  • 情報提供アンメルツ 『セルフメディケーション税制』ー対象薬と対象外薬セルフメディケーションさんのプロフィール
  • アンメルツNEOロング 90mL●ジクロフェナクが患部に浸透、痛みを鎮める●3種の血行促進成分がじんじんという温かな実感とともに、滞った患部の血流を改善●l-メントール5%配合、爽快な使い心地●効能・効果肩こりに伴う肩の痛み、腰痛、関節痛、筋肉痛、腱鞘炎(手・手首の痛み)、肘の痛み(テニス肘など)、打撲、捻挫よくCMで流れている商品ですね。昔から長く売られている商品は長年の愛用者も多く、信頼できるものと言えます。う
32位 みやQさん
  • 情報提供「薬剤師の働き方改革」について(1)「裾野を広げよう」 「くすりや」の「現場」みやQさんのプロフィール
  •  今回の記事は、自分が寄せたコメントを拡張する内容です。熊谷信の「薬剤師的にどうでしょう」 薬剤師の働き方改革、どう考える?http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/di/column/kumagai/201801/554379.html以下のコメントをしました。” どの業界でもいえるのですが、制度全般を作る人がワーカホリックの人ばかりで、彼らの価値観で物事が決まっているように思います。実際の世界では、むしろワーカホリックの人は
33位 漢方堂さん
  • 情報提供柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)の解説 漢方ブログ│漢方薬を始めよう漢方堂さんのプロフィール
  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう):SRB「小柴胡湯」の加減方のひとつ。「小柴胡湯」の甘草を除いて、桂枝・大黄・茯苓・竜骨・牡蛎を加えた方剤です。体表の邪を外に出す桂枝、腸内の熱や便を外に出す大黄、尿を外に出す茯苓、を加える一方で全体の作用を緩和させる甘草が除かれています。つまり体内の悪いものを素早く外に追い出そうとする構成になっています。よって小柴胡湯に比べやや実証向きの「柴胡剤」
34位 薬剤師ときどき父さん
  • 情報提供TwitterのDMの送り方 薬剤師ときどき父薬剤師ときどき父さんのプロフィール
  • TwitterのDMの送り方とある方からこんな質問を受けました。『TwitterでDMの送り方が分からない・・・』Twitterをやっている人の9割ぐらいは知っていると思いますがブログに書くネタが無いので、今日のネタはTwitterのDMについてです。相手のTwitterプロフィールを開くDMを送りたい相手のTwitterのプロフィールページを開いてフォローボタンの隣にあるメールのボタンを選ぶだけですよ。やくちちの場合は設定を少し変更してあるので
35位 セルフメディケーションさん
  • 情報提供アスタシオンAG点鼻薬 『セルフメディケーション税制』ー対象薬と対象外薬セルフメディケーションさんのプロフィール
  • 「アスタシオンALGプラス点鼻薬 30mL」は、花粉、ハウスダスト等によるアレルギー症状に効果のある点鼻薬です。医薬品。5つの成分を配合。優れた効き目のアレルギー専用点鼻薬です。・抗アレルギー成分・すでに起こったアレルギー症状を抑える・鼻づまりを抑える・炎症をしずめる・鼻腔内の殺菌、消毒 これはセルフメディケーション税制対象ですが、アスタシオン点鼻薬クールは対象外です。お気をつけくださいね。クールな製品は対
36位 薬剤師えふえむさん
  • 情報提供抗不整脈薬 Ⅲ群 特徴 えふえむ薬剤師の日記薬剤師えふえむさんのプロフィール
  • 〜Ⅲ群(Kチャネル遮断薬)〜心筋細胞のKチャネルを抑制し、活動電位時間を延長させることで不整脈を抑制する。その一方で、QT延長やトルサード・ド・ポワンツを起こす危険があるので、細心の注意が必要。他剤で効果が見られない心室性不整脈に対して用いられることが多い。〜QT延長症候群〜心電図のQT間隔が健常者よりも延長するものであり、QT延長からトルサード・ド・ポワンツが起こることがある。これを起こすと全身痙攣や
37位 Rosemaryさん
  • 情報提供写真を撮っていただきました。 癒すということ〜アロマなホリスティックケアサロンRosemaryさんのプロフィール
  • きょうも、当ブログにお越しいただきありがとうございます。アロマなホリスティック薬剤師、rosemaryことナカイです。(もっと素敵なキャッチコピーを考えてくださる方、しぶとくまだお待ちしております) 1/12のお仕事帰りのハンドトリートメント体験の日、実は、日中は全然違うことをしていました。二年前、アロマのクラスメイトだった、まりさんに写真を撮りに来ていただいておりました。まりさんは本業はアロマセラピストですが
38位 薬剤師えふえむさん
  • 情報提供抗不整脈薬 Ⅱ群 特徴 えふえむ薬剤師の日記薬剤師えふえむさんのプロフィール
  • fmyakuzaishi.hatenablog.com〜Ⅱ群(β遮断薬)〜β遮断薬は、交感神経のβ1受容体およびβ受容体に結合し、カテコールアミンと競合することでβ作用を抑制する。心臓にはβ1受容体が多く存在しており、洞結節の自動能の調節、心筋の収縮、刺激伝導速度の低下などに働く。心不全に対するβ遮断薬の投与では、異常に緊張・亢進した交感神経系のβ1受容体を抑制することにより、降圧作用や心拍数の減少を図り、また心筋エネルギー
39位 ぺんぎん薬剤師さん
40位 kuriさん
  • 情報提供お知らせ ドラッグストアとジャーナリズムkuriさんのプロフィール
  • 今日はブログを休みますが、ライオンから目薬の新商品が2つ発売します。予定日は3月なのですが、いずれも特徴のある商品です。ひとつは、コンタクト用でビタミンAが入った初めての商品。もう一つはビタミンAとビタミンEだけの商品。シンプルでいいですね。ビタミンAの目薬はどんどん増えていますね。www.lion.co.jpwww.lion.co.jp
41位 薬剤師おじさん やくおっぱさん
  • 情報提供寒いです モンセ分店薬局の元気で長生き 薬剤師おじさん やくおっぱさんのプロフィール
  • ■ 新しい週の始まりです  とても寒いです 
42位 かつさん
43位 pharmacist-nanaさん
  • 情報提供カンボジアの正月 ぽちっとカンボジア起業日記pharmacist-nanaさんのプロフィール
  • あけましておめでとうございます!カンボジア生活も8年。今年の秋で9年目に突入です。ここ最近は日本で新年を迎えることが増えてきました。カンボジアのお正月は3回あります。1月1日のinternational new year1月末の中国の旧正月4月14日〜15日ころのクメール暦の新年です。カンボジアには華僑の人達が多いので、旧正月はinternational new yearよりも重要ですが、やはりカンボジア人にとって大切なのはクメール暦の新年。ですから
44位 yakuzaiさん
45位 緑のタコさん
  • 情報提供秋学期に学んだこと アメリカで薬剤師になるまで緑のタコさんのプロフィール
  • 冬学期が1月3日から始まっていました!!冬学期は3月中旬までです。もう即に来週は試験1の週です、、、泣 冬学期の内容を書く前に秋学期に学んだことのrecapを簡単に書きたいと思います。薬学院1年生の1番最初の学期だったので、そこまで専門的なことは習わなかったし、処方箋薬は少しだけ学んで、ほとんどはOTC薬品でした。あとは科学的なことも学びました − 解剖学・生理学、メディシナルケミストリー、と薬剤学。これ
46位 kuriさん
47位 ふーたさん
48位 るるー主さん
  • 情報提供薬局におくオススメの雑誌? 薬剤師4コマ劇場るるー主さんのプロフィール
  • 薬局に届く雑誌を見ていたら、こんなのが(笑)確か以前よんだ本(なんだっけな…)に、壮快は話題性のみで、科学的妥当性なんてどーでもいい的が書いてあったまぁ表紙を見る限り間違いなくそうで、こんな雑誌を薬局に置いてあったらトンデモ薬局認定間違いなしですね…
49位 ぺんぎん薬剤師さん
  • 情報提供年始なので診療報酬改定・調剤報酬改定に向けての情報を整理してみる 薬剤師の脳みそぺんぎん薬剤師さんのプロフィール
  • あけましておめでとうございます。遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いします。  さて、今年は診療報酬改定の年ですね。昨年秋から議論が進んでいる診療報酬改定について、これから一気に詳細が決定して行くと思われます。今回の改定はかなり厳しいものになりそうだ・・・とみなさん思っているはずです。どうなるかは蓋を開けて見るまでわからないところもありますが、現時点で議題に上がっていることについて簡単にま
50位 yakuzaiさん
更新時刻:18/01/17 17:30現在