脳脊髄液減少症 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/10/19 06:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
のぞみさん
  • 情報提供脳脊髄液減少症、埋もれていく長期療養患者の実情 脳脊髄液減少症のブログ〜なにくそ闘病日記のぞみさんのプロフィール
  • 何も情報のない中で、病名もなく医療から社会から放り出されて彷徨い続け、長い年月をかけて、ようやく「低髄液圧症候群」という病名を頂くありがたさ。病名を勲章にしたいとまで言えば、罵られた時代。高額な自費検査・自費治療、社会保障も何も無かった時代。皆、同じような境遇の中での、療養生活だった時代が過去にあります。このような時代から歩み続けてきた患者を取り巻く理不尽さを長期療養患者として伝え繋げていくには、

2位
のぞみさん

3位
百花さん
  • 情報提供???安静臥床16日間 for 脳脊髄液減少症??? 感想 by 百花 脳脊髄液+x−y=∞♪ Self-Care of 脳脊髄液減少症百花さんのプロフィール
  • 今日で安静臥床生活16日目明日から動き出す予定の百花ですm(__)m今の症状は頭痛・クラクラ・首が座らない状態が治り脳震盪前の体調とほぼ同じ倦怠感・疫疲労の状態ですそして安静後の今は+体力の低下が加わっている模様です体感的には・・・臥床安静前の体力 = 3才児今の体力 = 午睡が必要な2才児そんな感じです脳震盪後の初期に臥床安静を試みて本当に良かったですもう異常な髄液漏出の心配はないと思いますでも交通事故から2
4位 のぞみさん
  • 情報提供脳脊髄液減少症のリハビリは、ブラッドパッチ療法+生活訓練から始まった 脳脊髄液減少症のブログ〜なにくそ闘病日記のぞみさんのプロフィール
  • 脳脊髄液減少症だと診断される2年前より20代で寝たきりになりブラッドパッチ治療後の5年間を合わせて7年間の寝たきり・車椅子生活から動ける身体になるまでに実践したのは、ブラッドパッチ療法+生活訓練でした。これ程までに長い年月を寝たきりで過ごしてしまうとブラッドパッチ治療を受けた後は、座位・起立・歩行・入浴・食事・着替え・身だしなみなど、日常生活を営むために最低限必要な能力ADL(日常生活能力)を高めることが
5位 また走れるようになりたいマルザルさん
  • 情報提供2018年10月現在の状態 脳脊髄液減少症で'17年12月ブラッドパッチまた走れるようになりたいマルザルさんのプロフィール
  • 現状をまとめてみようと思います。 現在の体調 激しい倦怠感少し動くだけでインフルエンザの様な怠さがやってきます。なので、少し動いては横になりを繰り返さないといけません。連続歩行困難数歩であれば何とか前進できるのですが、連続すると足が上がらなくなります。またふらついても体勢を戻せない為に転倒します。この為、外出は車椅子を使用しないと何もできない状態です。物忘れ色んなことを忘れます。手の震え連続し
6位 百花さん
  • 情報提供?安静臥床16日間を終えて動き始めた結果? 脳脊髄液+x−y=∞♪ Self-Care of 脳脊髄液減少症百花さんのプロフィール
  • 昨日半月以上ぶりにお外を歩いたら・・・寒くて驚きました・・・!?ホッカイロを3つ貼り付ける結果でした・・・両足首とおなか・・・もうすっかり秋やったんやなぁ街の皆さんももう長袖(半月前は半袖の方もたくさん)夜になるとマフラーや革ジャンの方までキャットストリートには焼き芋屋さんが出始めていた買い食いする暇がなかったので・・・残念と思っていたら夜シュラスコBarで出てきたVegetarianシュラスコにさつまいも発見お
更新時刻:18/10/19 06:30現在